BUDGIE - 共通事項 - 画面キャプチャ

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. ショートカットキー無効化
4. mate-screenshot 割り当て

1. 概要

 「GNOME」の fork であるためか、「Cinnamon」と同様、「gnome-screenshot」が機能します。  「antiX」では、「xfce4-screenshooter」が「xfce4-clipman」なしにクリップボードにコピーする機能まで有効でした。  「MX Linux」の場合、「XFCE」の環境上に「BUDGIE」をインストールしますので、「xfce4-screenshooter」がクリップボードの機能とともに有効になっています。

2. インストール

 多くのディストリビューションでは、「BUDGIE」の環境をインストールする際に、同時に「gnome-screenshot」もインストールされますが、中には、別途インストールする必要のあるものもあります。  例えば、「SparkyLinux」では、インストールされていません。  こういう場合は、もちろん、別途インストールが必要になります。  しかも、「SparkyLinux」では、「gnome-screenshot」自体、機能しませんでした。  なので「SparkyLinux」では、「mate-utils」をインストールして、「mate-screenshot」を使用します。  「MX Linux」は、「xfce4-screenshooter」を使いますが、あらかじめインストールされていますので特にインストールしなおす必要もありません。

3. ショートカットキー無効化

 ショートカットキーも基本的には、「GNOME」と同様のキーが割り当てられているのですが、何故か、機能しないことが多くあります。  そういう場合は、改めて設定します。  以下、「SparkyLinux 5.9 BUDGIE」の画像です。  「GNOME」と同じ「設定」が動きます。  「デバイス」「キーボード」タブで見ると、何かしら割り当てられているんですけどね。  「GNOME」由来なので、プログラムとして何が割り当てられているのか、不明です。
「BUDGIE」-「設定」「デバイス」「キーボード」

 スクリーンショットのショートカットキーをクリックして BackSpace で無効化します。

「BUDGIE」-「ショートカットの設定」

 「設定」

「BUDGIE」-「ショートカットの設定」「設定」

4. mate-screenshot 割り当て

 以下の画面は、「Ubuntu BUDGIE 19.10」で取り直しました。  下記を設定します。
Ctrl+P アクティブウィンドウをキャプチャ

 PrintCtrl+Print を設定したいのですが、いっときは機能しても、再起動すると、別の機能に上書きされてしますのです。

 「mate-screenshot」を使用する場合、同じ画面のまま、最下部へ移動して「+」

 「名前」に「全画面キャプチャ」
 「コマンド」に「mate-screenshot -w」
 (「xfce4-screenhooter」の場合は、「xfce4-screenhooter -c -w」)

「BUDGIE」-「ショートカットの追加」

 Ctrl+P

「BUDGIE」-「ショートカットの追加」「キー入力」

 「追加」

「BUDGIE」-「ショートカットの追加」「キー入力後」

 これで、機能するようになります。

 しかし、この操作で、Print キーが入力できなかったり、設定したはずのキーが再起動しなおすと無効になっていたりします。

 この点「BUDGIE」は、未成熟だなぁと思うのですが、そういうときは、「sxhkd」をインストールしてそちらにフックさせるようにします。

 「sxhkd」の設定に関しては、「デスクトップ環境 - 共通事項 - キーボードフック sxhkd」をご参照ください。

U-NEXT
 
 
カウンタバックグラウンド