awesome - FreeBSD 12.1 - タスクマネージャ conky

 
1. 概要
2. インストール
3. 設定
4. 自動起動
5. 表示

1. 概要

 「conky」は優れた、タスクマネージャーです。  「conky」に関する説明は、「Conky - Wikipedia」をご参照ください。

2. インストール

 root ユーザで、以下のコマンドでインストールします。

pkg install -y conky
 「conky-awesome」というものがありますが、これは、まだ、うまく動作させきれないので、インストールするのは、「conky」にします。

3. 設定

 設定に関しては、「共通事項 - タスクマネージャ Conky - FreeBSD の設定」の「FreeBSD 12.1 RELEASE」の項をご参照ください。  透過できませんが、ウィンドウタイプは「dock」で機能します。  フォントサイズは、大きいし、文字化けしちゃうので、「MigMix 1M 7」  フォントサイズは、10pt でもまだ大きいので、7pt にします。  「awesome」は、自身のデスクトップを示す、環境変数がないので、表示できませんでした。  また、「awesome」は、キー操作を忘れないように(「hotkeys」を表示すればいいのですがね)、主なキー操作について、末尾に以下の行を追加しています。

$hr
${color lightgrey}modkey ${goto 190}${color}Win
${color lightgrey}hotkeys 表示 ${goto 190}${color}Win+s
${color lightgrey}クローズ ${goto 190}${color}ShiftWin+c
${color lightgrey}メニュー ${goto 190}${color}Win+w
${color lightgrey}全画面キャプチャ ${goto 190}${color}Print
${color lightgrey}アクティブウインドウキャプチャ ${goto 190}${color}Ctrl+Print
 このせいで、文字がはみ出たりしますので、

minimum_width = 5,
 の部分は、下記に変更します。

minimum_width = 300,

4. 自動起動

 詳細は、「awesome - 共通事項」の「ログイン時の自動起動」の項をご参照ください。  自動起動のスクリプトを作成して実行権限を付けます。

touch ~/.config/awesome/autostart.sh
chmod +x ~/.config/awesome/autostart.sh
vi ~/.config/awesome/autostart.sh
 以下のように記述します。

#!/bin/sh

conky

vi ~/.config/awesome/rc.lua
 末尾に、以下を追加します。

-- Autostart applications
awful.spawn.with_shell("~/.config/awesome/autostart.sh")

5. 表示

 ログインしなおすと「Conky」が起動し、右端に下記のように表示されます。
「awesome FreeBSD 12.1」-「Conky 表示」


 
 
カウンタバックグラウンド