awesome - FreeBSD 12.0 - タスクマネージャ conky

 
1. 概要
2. インストール
3. 設定
4. 起動

1. 概要

 「conky」は優れた、タスクマネージャーです。  「conky」に関する説明は、「Conky - Wikipedia」をご参照ください。

2. インストール

 「OctoPkg」で「conky」を検索して、インストールします。  「conky-awesome」という、もしかしたらカスタマイズされているものがあるので、インストールしてみましたが、これがバックグラウンドで動いてくれなかっ。  結局、インストールするのは、「conky」にします。

3. 設定

 「conky」の設定ファイルをコピーしてカスタマイズします。

mkdir -pv ~/.config/conky
cp /usr/local/share/examples/conky/conky.conf ~/.config/conky/.

conky.config = {
    alignment = 'top_left',
    background = false,
    border_width = 1,
 を下記に変更します。

conky.config = {
    alignment = 'top_right',
    background = true,
    double_buffer = true,
    border_width = 1,
 28行目は、'top_left' を 'top_right' へ変更(だって、右端に出したいんだもの)。  29行目は、false を true へ。  30行目は、まるまる 1行追加しました。ダブルバッファにしないと、表示がちらつきます。  デフォルトで「Conky」「システム情報」等がスクロールするのですが・・・見にくい。  マシン名いらんし。

${color grey}Info:$color ${scroll 32 Conky $conky_version - $sysname $nodename $kernel $machine}
 を

${color grey}Conky :$color $conky_version
${color grey}System:$color $sysname $kernel $machine
 に変えます。

4. 起動

 詳細は、「awesome - 共通事項」の「ログイン時の自動起動」の項をご参照ください。  自動起動のスクリプトを作成して実行権限を付けます。

touch ~/.config/awesome/autostart.sh
chmod +x ~/.config/awesome/autostart.sh
 以下のように記述します。

#!/bin/sh
conky

~/.config/awesome/rc.lua
 の末尾に、以下を追加します。

-- Autostart applications
awful.spawn.with_shell("~/.config/awesome/autostart.sh")
 これで、ログインすると「conky」が起動し、右端に下記のように表示されます。
「awesome FreeBSD 12.0」-「conky」表示


 
 
カウンタバックグラウンド