awesome - 共通事項 - テーマ

 
1. 概要
2. 設定
3. 各テーマ

1. 概要

 「awesome」には、他のデスクトップ環境と同様、あらかじめ複数のテーマが用意されています。  「FreeBSD」の場合、

/usr/local/share/awesome/themes/
 配下(「Linux」の場合は、「local」が省略されるのは、他と同様です)に以下のテーマが用意されています。 ・default ・gtk ・sky ・xresources ・zenburn  おそらくは、これはデフォルトで「awesome」をインストールすれば、「Linux」のどのディストリビューションにも用意されるのではないかと思っています。

2. 設定


vi ~/.config/awesome/rc.lua
 で

-- {{{ Variable definitions
-- Themes define colours, icons, font and wallpapers.
beautiful.init(gears.filesystem.get_themes_dir() .. "default/theme.lua")
 48行目、「default」の箇所を書き換えれば、テーマを変更できます。

3. 各テーマ

 「awesome」の場合、テキストのコンフィグレーションファイルを変更して、Ctrl+Win+R だけでテーマを変更できます。  楽ちんだし、誤りが少ないので、すぐに試してみることができます。  デフォルトで用意されているテーマを見比べてみました。  「default」
「awesome」-「テーマ」「default」


 「gtk」

「awesome」-「テーマ」「gtk」


 「sky」

「awesome」-「テーマ」「sky」


 「xresources」

「awesome」-「テーマ」「xresources」


 「zenburn」

「awesome」-「テーマ」「zenburn」


 まぁ、結局のところ、わたしには、「default」が一番センス良さそうに見えるんですがね。


 
 
カウンタバックグラウンド