awesome - 共通事項 - 画面キャプチャ

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. 定義
4. ArcoLinux・SparkyLinux の問題

1. 概要

 「FreeBSD」では、画面キャプチャ用のプログラムは、インストールされていないようです。  「ArcoLinux」には、画面キャプチャ用のプログラムが、あらかじめインストールされており、以下のキーが割り当てられております。
Print scrot
Ctrl+Print xfce4-screenshooter
Ctrl+Shift+Printgnome-screenshot

 「Manjaro 20.0」では、「scrot」がすべて割り当てられています。


 「FreeBSD」「ArcoLinux」では、「scrot」も「xfce4-screenshooter」もわたしにとっては、使い物にならない。
 「gnome-screenshot」も、バックグラウンドでクリップボードにコピーできないので、アクションが多くなってしまう。
 ということで、「mate-screenshot」を使用します。


 「Manjaro 20.0」では、「xfce4-screenshooter」が、バックグラウンドで起動でき、かつクリップボードも有効なので、「Manjaro」では、「xfce4-screenshooter」を使用します。

2. インストール

 パッケージ管理ソフトで、「mate-utils」もしくは「mate-screenshot」で検索して、インストールします。  「FreeBSD」では、「root」ユーザで、「pkg」コマンドでインストールします。

pkg install -y mate-utils
 「Manjaro」では、「root」ユーザで、「pacman」コマンドで、「xfce4-screenshooter」をインストールします。

yes | pacman -S xfce4-screenshooter

3. 定義

 以下のキーを割り当てます。
Print 全画面キャプチャ
Ctrl+Print アクティブウィンドウキャプチャ



vi ~/.config/awesome/rc.lua
 基本的に

-- {{{ Key bindings
globalkeys = gears.table.join(
 から始まって

)
 で終わる、キー定義の中に記述します。  「ArcoLinux」では

-- screenshots
    awful.key({ }, "Print", function () awful.util.spawn("scrot 'ArcoLinuxD-%Y-%m-%d-%s_screenshot_$wx$h.jpg' -e 'mv $f $$(xdg-user-dir PICTURES)'") end,
        {description = "Scrot", group = "screenshots"}),
    awful.key({ modkey1           }, "Print", function () awful.util.spawn( "xfce4-screenshooter" ) end,
        {description = "Xfce screenshot", group = "screenshots"}),
    awful.key({ modkey1, "Shift"  }, "Print", function() awful.util.spawn("gnome-screenshot -i") end,
        {description = "Gnome screenshot", group = "screenshots"}),
 を下記に書き換えます。

-- screenshots
    awful.key({ }, "Print", function () awful.util.spawn("mate-screenshot") end,
        {description = "全画面キャプチャ", group = "screenshots"}),
    awful.key({ modkey1 }, "Print", function () awful.util.spawn( "mate-screenshot -w" ) end,
        {description = "アクティブウィンドウキャプチャ", group = "screenshots"}),
    awful.key({ modkey1, "Shift"  }, "Print", function() awful.util.spawn("gnome-screenshot -i") end,
        {description = "Gnome screenshot", group = "screenshots"}),
 「FreeBSD」「SparkyLinux 5.9」では、プログラムの定義内に、下記の行を加えます。

-- screenshots
    awful.key({ }, "Print", function () awful.util.spawn("mate-screenshot") end,
        {description = "全画面キャプチャ", group = "screenshots"}),
    awful.key({ "Control" }, "Print", function () awful.util.spawn( "mate-screenshot -w" ) end,
        {description = "アクティブウィンドウキャプチャ", group = "screenshots"}),
 「Manjaro」では

    awful.key({                   }, "Print", function () awful.spawn.with_shell("sleep 0.1 && /usr/bin/i3-scrot -d")   end,
              {description = "capture a screenshot", group = "screenshot"}),
    awful.key({"Control"          }, "Print", function () awful.spawn.with_shell("sleep 0.1 && /usr/bin/i3-scrot -w")   end,
              {description = "capture a screenshot of active window", group = "screenshot"}),
 を下記に書き換えます。

    awful.key({                   }, "Print", function () awful.spawn.with_shell("/usr/bin/xfce4-screenshooter -c -f")   end,
              {description = "全画面キャプチャ", group = "screenshot"}),
    awful.key({"Control"          }, "Print", function () awful.spawn.with_shell("/usr/bin/xfce4-screenshooter -c -w")   end,
              {description = "アクティブウィンドウキャプチャ", group = "screenshot"}),

4. ArcoLinux・SparkyLinux の問題

 「ArcoLinux」では、アクティブウィンドウのキャプチャがほとんど起動しません。  起動しようとして、結局、画面が出ないまま終わったりします。  そういうときは、全画面キャプチャでいったん起動して、アクティブウィンドウキャプチャを起動するようにします。  そうやっても、そのままこけちゃうときもあります。  困ったもんだ。  「SparkyLinux 5.9」でも、同様の問題が発生しました。
Tokyo Speed Wi-Fi
 
 
カウンタバックグラウンド