awesome - 共通事項 - hotkeys

 
1. 概要
2. 色を変更

1. 概要

 タイル型デスクトップにとって、キー操作は、肝心要で、主要なキー操作は、ある程度、頭にいれておかないと、操作に戸惑ってしまいます。  わたしは、つい、他のデスクトップを使用していて、戻るとすっかり忘れちゃっていたりします。  この点、「awesome」は、通常 Win+S (このキーだけは覚えなければならない)で、「hotkeys」という、ヘルプ画面を表示することができます。  「スタート」→「awesome」→「hotkeys」でも表示できます。  まぁ、忘れていたらこれですな。
「awesome」-「スタート」→「awesome」→「hotkeys」


 「FreeBSD 12.1 RELEASE」「awesome 4.3_1,1」のデフォルトは、下記の表示になります。

「awesome」-「FreeBSD 12.1 RELEASE」「awesome 4.3_1,1」「デフォルトの hotkeys」

 記述内容に関しては、前ページをご参照ください。
 日本語で表記することも可能です。

2. 色を変更

 「FreeBSD」のデフォルトの状態では、キー定義の表示色が、いささか見にくい。  これは、変えられます。

vi ~/.config/awesome/rc.lua

-- {{{ Variable definitions
-- Themes define colours, icons, font and wallpapers.
beautiful.init(gears.filesystem.get_themes_dir() .. "default/theme.lua")
 あたりに

beautiful.hotkeys_font          = "MigMix 1M normal 9"
beautiful.hotkeys_modifiers_fg  = "#32CD32"
 てなことを記述して、Ctrl+Win+R すれば
「awesome」-「色変更後の hotkeys」

 てな感じになります。
 わたしには、前項より見やすくなっています。

 他にもいろいろと、属性は、変えられるようです。
 詳細は、「Module awful.hotkeys_popup.widget - awesome API documentation」をご参照ください。


 
 
カウンタバックグラウンド