awesome - 共通事項 - 概要・rc.lua

 クラウディア
1. 概要
2. rc.lua

1. 概要

 ここでは、オペレーティングシステムやディストリビューションによらず、共通的な事項について、記述します。  とは言え、「Linux - ArcoLinux」と「FreeBSD」のものをさわり始めたばかりです(2019年7月4日)。  このところ、ひとつ追加しようとしているのが、「Manjaro Linux」のものです(2019年12月2日)。

2. rc.lua

 以降のページで記述する中で、述べていく中心となるのが「rc.lua」というファイルです。  「lua」言語で記述している、「awesome」の中核のコンフィグレーションファイルです。  カスタマイズする際は、

~/.config/awesome/rc.lua
 を編集していきますが、その元となるファイルは、以下の場所にあります。
ディストリビューション 元ファイル 備考
FreeBSD /usr/local/etc/xdg/awesome/rc.lua ※1
Manjaro /etc/skel/.config/awesome/rc.lua ※2

 ※1 一覧化の都合上、「FreeBSD」もディストリビューションとして記述していますが。
言うまでもなく、「FreeBSD」は、「Linux」のディストリビューションでなく、独立した、オペレーティングシステムです。
 ※2 「Manjaro」の場合、この他に、「/etc/xdg/awesome/rc.lua」というファイルがあります。
これが、「FreeBSD」のものとほぼ同じなので、おそらくこれが、「awesome」の原型であると思われます。
 記述内容については、後述します。
 
 
カウンタバックグラウンド