LXQt - FreeBSD 12.1 RELEASE - 環境構築

 
1. 概要
2. インストール
3. シャットダウンユーザの設定
4. /etc/rc.conf 編集
5. ユーザ用初期化ファイルの作成
6. ログインマネージャ起動

1. 概要

 下記のデスクトップ環境を構築する手順を記述します。
システム ホスト(Windows 10 1903 amd64)・VirtualBox 6.0.14 上のゲストとして FreeBSD 12.1 RELEASE
ログインマネージャ Slim
日本語入力 fcitx-mozc

 インストーラ入手や OS のインストール、sendmail 無効化と pkg update までは「FreeBSD のOSインストール」を参照してください。

 VirtualBox の Guest Additions は「FreeBSD - デスクトップ環境構築 - 共通事項」の手順であらかじめインストールしておきます。

2. パッケージインストール


pkg install -y xorg ja-font-migmix ja-fcitx-mozc zh-fcitx-configtool
pkg install -y slim slim-themes
pkg install -y lxqt

3. シャットダウンユーザの設定

 一般ユーザからもシャットダウンできるようにします。  逆に、一般ユーザからシャットダウンさせないようにするにはこの手順を行わないでください。  何故か、今までの設定では動作しなかったので、変更しました(2019年11月8日)。

/usr/local/etc/polkit-1/rules.d/50-default.rules
 へ、例えば、「wheel」グループへ、再起動・シャットダウンを許可するものとして、以下を追加します。  (スクリプトでいきなり編集しようとしたら、うまくいきません)

polkit.addRule(function (action, subject)
{
    if ((action.id == "org.freedesktop.consolekit.system.restart" ||
         action.id == "org.freedesktop.consolekit.system.stop")   &&
         subject.isInGroup("wheel"))
    {
        return polkit.Result.YES;
    }
});
 「wheel」の箇所に、再起動・シャットダウンを許可したいユーザの所属する、グループ名を記述します。  わたしは、サスペンドを使いませんので、省略していますが、サスペンドを許可するには、17行の「)」の前に続けて、「|| action.id == "org.freedesktop.consolekit.system.suspend"」を追加します。

4. /etc/rc.conf 編集

 前項までインストール・設定したものを有効にします。

cat - << EOF >> /etc/rc.conf

polkitd_enable="YES"
dbus_enable="YES"
slim_enable="YES"
EOF
 不要なデスクトップを移動しておきます。

mkdir -pv /usr/local/share/xsessions/back
mv /usr/local/share/xsessions/openbox-gnome.desktop /usr/local/share/xsessions/back/.
mv /usr/local/share/xsessions/openbox-kde.desktop /usr/local/share/xsessions/back/.
mv /usr/local/share/xsessions/openbox.desktop /usr/local/share/xsessions/back/.

5. ユーザ用初期化ファイルの作成

 ログインユーザで

/usr/share/skel/dot.xinitrc
 というファイルを作成して、編集します。

cat - << EOF >> /usr/share/skel/dot.xinitrc
#!/bin/sh
# set locale
export LC_ALL=ja_JP.UTF-8
export LANGUAGE=ja_JP.UTF-8
export LANG=ja_JP.UTF-8
#
export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=xim
export XMODIFIERS=@im=fcitx
/usr/local/bin/mozc start
fcitx -r -d
#
setxkbmap -layout jp
#
exec \$1
EOF
 既設のログインユーザで、上記をホームディレクトリへコピーします。

cp /usr/share/skel/dot.xinitrc ~/.xinitrc

6. ログインマネージャ起動

 上記までの設定が終わったら、デーモン群を起動します。

service dbus start
service slim start
 うまく設定できていれば、ログイン画面が表示されます。
「LXQt FreeBSD 12.1」-「LXQt」「ログイン画面」

 ユーザ名・パスワードを入力してログインします。

 初回ログイン時は、ウィンドウマネージャの選択を求められます。
 その操作については、次ページをご参照ください。

 2018年8月2日の時点で、下記のバージョンでした


> pkg info lxqt
lxqt-0.14.0_1
Name           : lxqt
Version        : 0.14.0_1
Installed on   : Tue Nov 12 15:47:20 2019 JST
Origin         : x11-wm/lxqt
Architecture   : FreeBSD:12:*
Prefix         : /usr/local
Categories     : x11-wm
Licenses       : LGPL21+
Maintainer     : jsm@FreeBSD.org
WWW            : http://lxqt.org/
Comment        : Meta-port for the LXQt Desktop
Options        :
        EDITOR         : on
        SSH            : on
        SUDO           : on
Annotations    :
        repo_type      : binary
        repository     : FreeBSD
Flat size      : 427B
Description    :
LXQt is an advanced, easy-to-use, and fast desktop environment based on
Qt technologies.  It has been tailored for users who value simplicity,
speed, and an intuitive interface.  Unlike most desktop environments,
LXQt also works fine with less powerful machines.

WWW: http://lxqt.org/
 
 
カウンタバックグラウンド