LXQt - FreeBSD 11.3 RELEASE - タスクマネージャ conky

 
1. 概要
2. インストール
3. 設定
4. 自動起動
5. 表示

1. 概要

 「conky」は、Unix/Linux で動作する、タスクマネージャです。  詳細は、「Conky - Wikipedia」をご参照ください。

2. インストール

 「OctoPkg」で、「conky」を検索してインストールします。

3. 設定

 デフォルトの設定では、conky を起動しても、デスクトップをクリックすると背景に上書きで消されてしまいますので、設定を変更します。

cp /usr/local/share/examples/conky/conky.conf ~/.conkyrc
 「~/.conkyrc」を編集します。

conky.config = {
    alignment = 'top_left',
    background = false,
    border_width = 1,
 の部分を下記のように変更します。

conky.config = {
    alignment = 'top_right',
    background = true,
    double_buffer = true,
    border_width = 1,

    own_window = true,
    own_window_class = 'Conky',
    own_window_type = 'desktop',
 の部分を下記のように変更します。

    own_window = true,
    own_window_class = 'Conky',
    own_window_type = 'normal',
    own_window_transparent = true,
    own_window_hints = 'undecorated,below,sticky,skip_taskbar,skip_pager',
 デフォルトで「Conky」「システム情報」等がスクロールするのですが・・・見にくい。  マシン名いらんし。

${color grey}Info:$color ${scroll 32 Conky $conky_version - $sysname $nodename $kernel $machine}
 を

${color grey}Conky :$color $conky_version
${color grey}System:$color $sysname $kernel $machine
 に変えます。

4. 自動起動

 ログイン時に、自動起動するように設定します。

touch ~/.config/autostart/conky.desktop
 以下を記述します。

[Desktop Entry]
Version=1.0
Type=Application
Name=conky
Icon=application-x-shellscript
Exec=/bin/sh -c "sleep 5 && /usr/local/bin/conky"
 「sleep」直後の数値は、ログイン後、conky が起動するまでの時間です。  長すぎない程度で、デスクトップの描画が完全に終わる時間を調整します。

5. 表示

 再ログイン後、デスクトップ右に、conky の表示が現れます。
「LXQt FreeBSD 11.3」-「conky」表示


 
 
カウンタバックグラウンド