LXQt - FreeBSD 11.3 RELEASE - パッケージ管理フロントエンド OctoPkg

 
1. 概要
2. 起動

1. 概要

 「OctoPkg」は、GUI で操作するパッケージ管理フロントエンドです。  LXQt で動作させるには、自前でパッチをあてる必要があります。  インストール手順とトラブルシュートを「デスクトップ環境構築 - 共通事項 - パッケージ管理 OctoPkg」を参考にして、行えば、機能するようになるはずです。

2. 起動

 「スタート」→「システムツール」→「OctoPkg」
「LXQt - FreeBSD 12.0 RELEASE」-「スタート」→「システムツール」→「OctoPkg」

 起動直後の状態です。

「LXQt - FreeBSD 12.0 RELEASE」-「OctoPkg」「起動直後」

 2019年8月2日の時点で、下記のバージョンでした。

「LXQt - FreeBSD 12.0 RELEASE」-「OctoPkg」「バージョン情報」

 
 
カウンタバックグラウンド