LXQt - FreeBSD 12.0 RELEASE - 基本操作 - 画面キャプチャ

 
1. 概要
2. インストール
3. ショートカットキー設定

1. 概要

 画面キャプチャ用のプログラムとして「lximage-qt」というものが用意されています・・・。  が、これその名の通り、キャプチャした後、イメージビューアがわきあがってきて、クリップボードにとることはできるのですが、いささか手間が面倒です。  使い慣れた、「mate-screenshot」を使用します。

2. インストール


pkg install mate-utils

3. ショートカットキー設定

 以下のように、ショートカットキーを割り当てます。 Print 全画面キャプチャ Alt+Print アクティブウィンドウキャプチャ  話は、前後しますが、デスクトップ環境によっては、ショートカットキーに Alt が割り当てられなかったりしますが「LXQt」では、可能でした。  「スタート」→「設定」→「LXQt settings」→「Shortcut Keys」
「LXQt - FreeBSD 12.0 RELEASE」-「スタート」→「設定」→「LXQt settings」→「Shortcut Keys」

 「追加」

「LXQt - FreeBSD 12.0 RELEASE」-「Global Actions Manager」

 「ショートカット」横の空白を押すとキー入力待ち(10秒)になりますので Print
 コマンド欄に「mate-screenshot」を入力して

「LXQt - FreeBSD 12.0 RELEASE」-「動作の編集」1

 「OK」

「LXQt - FreeBSD 12.0 RELEASE」-「動作の編集」2

 同じ要領で
 「ショートカット」に Alt+Print
 コマンド欄に「mate-screenshot -w」を設定します。


 
 
カウンタバックグラウンド