LXQt - FreeBSD 12.0 RELEASE - 基本操作 - ウィンドウマネージャ選択

 
1. 概要
2. 切替操作
3. 見比べる

1. 概要

 インストール後、初回ログイン時、下記が表示されます。
「LXQt - FreeBSD 12.0 RELEASE」-「初回ログイン時の表示」

 後で、変更できるとのことなので、とりあえず一番上の、「Openbox」でスタートして、見比べてみようと思います。

2. 切替操作

 表示されているように、切り替えの操作は  「スタート」→「設定」→「LXQt settings」→「LXQt セッションの設定」
「LXQt - FreeBSD 12.0 RELEASE」-「スタート」→「設定」→「LXQt settings」→「LXQt セッションの設定」

 「ウィンドウマネージャ」のコンボボックスで切り替えるようです。

「LXQt - FreeBSD 12.0 RELEASE」-「LXQt セッションの設定」

 デフォルトで「openbox」か「twm」のどちらかです。

 変更後は、ログインし直さないと反映されません(当たり前だわな)。

3. 見比べる

 「openbox」がこんなデスクトップです。
「LXQt - FreeBSD 12.0 RELEASE」-「openbox」デスクトップ

 「twm」がこうです。

「LXQt - FreeBSD 12.0 RELEASE」-「twm」デスクトップ

 なんだ、このパネルの位置は・・・?

 いちいち変更するのも面倒なので、使用するのは「openbox」で決まりですな。