LXQt - FreeBSD 12.0 RELEASE - 概要・インストール - インストール

 
1. 概要
2. パッケージインストール
3. シャットダウンユーザの設定
4. /etc/rc.conf 編集
5. ユーザ用初期化ファイルの作成
6. ログインマネージャ起動

1. 概要

 下記のデスクトップ環境を構築する手順を記述します。
システムFreeBSD 12.0 RELEASE(VirtualBox 6.0.8 上の amd64)
ログインマネージャSlim
日本語入力fcitx-mozc

 VirtualBox の Guest Additions は「FreeBSD - デスクトップ環境構築 - 共通事項」の手順であらかじめインストールしておきます。

2. パッケージインストール


pkg install xorg
pkg install japanese/font-std
pkg install ja-fcitx-mozc
pkg install zh-fcitx-configtool
pkg install x11/slim
pkg install slim-themes
pkg install lxqt
 「LXQt」インストール時のメッセージに気になるものもありますので、記録しておきます。

Message from liberation-fonts-ttf-2.00.5_1,2:

You can start using the fonts by following these instructions:

Add the following line to the "Files" section of your x.org configuration file:

        FontPath "/usr/local/share/fonts/Liberation/"
Message from lxmenu-data-0.1.5:

===>   NOTICE:

The lxmenu-data port currently does not have a maintainer. As a result, it is
more likely to have unresolved issues, not be up-to-date, or even be removed in
the future. To volunteer to maintain this port, please create an issue at:

https://bugs.freebsd.org/bugzilla

More information about port maintainership is available at:

https://www.freebsd.org/doc/en/articles/contributing/ports-contributing.html#maintain-port
Message from pulseaudio-12.2_2:

Pulseaudio tries to determine default values for FreeBSD OSS driver at first
start, based on /dev/sndstat output. The hw.snd.default_unit sysctl may affect
these values, but restart of the Pulseaudio might be needed to rescan it again,
e.g. `pacmd exit`.

Pulseaudio has separate input and output configure lines. You can change them
with using following commands:

To change the default sink (output):
# pacmd set-default-sink 3
To change the default source (input):
# pacmd set-default-source 3

This can also be set in /usr/local/etc/pulse/default.pa

Replace the number '3' with the new default you want to set.


The audio/freedesktop-sound-theme is needed if the default sound files
are uncommented in the /usr/local/etc/pulse/default.pa file.
Message from lxqt-sudo-0.14.0:

* You must be in the sudoers file in order to use lxqt-sudo
* You must be in the the wheel group in order to use lxsu
Message from lxqt-openssh-askpass-0.14.0:

*** Note ssh-add will NOT use GUI tools like lxqt-openssh-askpass
*** when it is attached to a terminal.

* To use lxqt-openssh-askpass start ssh-agent with -a <SOCKET_PATH> e.g in .xinitrc
ssh-agent -a "/tmp/${USER}-ssh-agent"

* Then set two variables e.g in ~/.config/lxqt/session.conf:
SSH_ASKPASS=lxqt-openssh-askpass
SSH_AUTH_SOCK=<SOCKET_PATH>
then run ssh-add from lxqt-runner or a .desktop entry

3. シャットダウンユーザの設定

 一般ユーザからもシャットダウンできるようにします。  逆に、一般ユーザからシャットダウンさせないようにするにはこの手順を行わないでください。  下記のファイルを作成して

/usr/local/etc/polkit-1/localauthority/50-local.d/org.freedesktop.consolekit.pkla
 以下のように記述します。

[Local restart]
Idendity=unix-group:power
Action=org.freedesktop.consolekit.system.restart
ResultAny=yes
ResultInactive=yes
ResultActive=yes

[Local shutdown]
Idendity=unix-group:power
Action=org.freedesktop.consolekit.system.stop
ResultAny=yes
ResultInactive=yes
ResultActive=yes

[Local restart - multiple]
Idendity=unix-group:power
Action=org.freedesktop.consolekit.system.restart-multiple-users
ResultAny=yes
ResultInactive=yes
ResultActive=yes

[Local shutdown - multiple]
Idendity=unix-group:power
Action=org.freedesktop.consolekit.system.stop-multiple-users
ResultAny=yes
ResultInactive=yes
ResultActive=yes

[Suspend Hibernate]
Idendity=unix-group:power
Action=org.freedesktop.upower.*
ResultAny=yes
ResultInactive=yes
ResultActive=yes
 電源操作用のグループを作成します。

pw groupadd power

/etc/group
 の power に wheel,operator,power を追加します。

power:*:1002:wheel,operator,power	←	1002 はタイミングによって変わります。: 以降を追加しています。

4. /etc/rc.conf 編集

 前項までインストール・設定したものを有効にします。

/etc/rc.conf
 に以下の行を加えます。

polkitd_enable="YES"
dbus_enable="YES"
slim_enable="YES"

5. ユーザ用初期化ファイルの作成


~/.xinitrc
 というファイルを作成し、以下のように記述します。

#!/bin/sh
# set locale
export LC_ALL=ja_JP.UTF-8
export LANGUAGE=ja_JP.UTF-8
export LANG=ja_JP.UTF-8
#
export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=xim
export XMODIFIERS=@im=fcitx
/usr/local/bin/mozc start
fcitx -r -d
#
setxkbmap -layout jp
#
exec $1
 新規ユーザのために作成したものを /usr/share/skel にコピーしておきます。

cp /home/ユーザ名/.xinitrc /usr/share/skel/dot.xinitrc

6. ログインマネージャ起動

 上記までの設定が終わったら、デーモン群を起動します。

service dbus start
service slim start
 うまく設定できていれば、ログイン画面が表示されます。  どうも同時に「GNOME/Openbox」「KDE/Openbox」「Openbox」「LXQt」がインストールされているようで、デフォルトのログイン画面は  F1 で以下のものが循環遷移します。
「LXQt - FreeBSD 12.0」-「GNOME/Openbox」ログイン画面

「LXQt - FreeBSD 12.0」-「KDE/Openbox」ログイン画面

「LXQt - FreeBSD 12.0」-「Openbox」ログイン画面

「LXQt - FreeBSD 12.0」-「LXQt」ログイン画面

 面倒な場合は


/usr/local/share/xsessions/
 の中の「lxqt.desktop」のみ残して、あとは、拡張子を rename します。  (どうも「LXQt」以外は、エラーになるようで、ログインしてもログイン画面に戻ってくるので、他をつぶしたほうが良さそうです)  ユーザ名・パスワードを入力してログインします。  初回ログイン時は、ウィンドウマネージャの選択を求められます。  その操作については「LXQt - FreeBSD 12.0 RELEASE - 基本操作」をご参照ください。  2018年5月28日時点の LXQt のバージョンは 0.14.0 でした

> pkg info lxqt
lxqt-0.14.0
Name           : lxqt
Version        : 0.14.0
Installed on   : Tue May 28 10:32:40 2019 JST
Origin         : x11-wm/lxqt
Architecture   : FreeBSD:12:*
Prefix         : /usr/local
Categories     : x11-wm
Licenses       : LGPL21+
Maintainer     : jsm@FreeBSD.org
WWW            : http://lxqt.org/
Comment        : Meta-port for the LXQt Desktop
Options        :
        EDITOR         : on
        SSH            : on
        SUDO           : on
Annotations    :
        repo_type      : binary
        repository     : FreeBSD
Flat size      : 427B
Description    :
LXQt is an advanced, easy-to-use, and fast desktop environment based on
Qt technologies.  It has been tailored for users who value simplicity,
speed, and an intuitive interface.  Unlike most desktop environments,
LXQt also works fine with less powerful machines.

WWW: http://lxqt.org/