LXQt - 共通事項 - 画面キャプチャ

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. 設定
4. ショートカットキー
5. GUI で設定できないとき

1. 概要

 画面キャプチャ用のプログラムとして「lximage-qt」というものが用意されています・・・。  が、これその名の通り、キャプチャした後、イメージビューアがわきあがってきて、クリップボードにとることはできるのですが、いささか手間が面倒です。  プラットフォームによっては、「gnome-screenshot」が同梱されていますが、「GNOME」「Cinnamon」以外では、手順が1アクション多くなります。  よって「mate-screenshot」を使用します。  2020年9月4日、「xfce4-screenshooter」を「xfce4-clipman」と併用すれば、バックグランドでクリップボードにコピーできることが判明、絶賛移行中です。  2020年11月9日、「FreeBSD」で「xfce4-clipman」がこけることなく機能することが確認できました。  おそらくは、「LXQt」と「xfce4-screenshooter」「xfce4-clipman」は、相性がいい。  他のデスクトップでは、しばらくすると「xfce4-clipman」がこけることが多々あるのですが、「LXQt」上では、ほとんどこけたりしません。

2. インストール

 それぞれのプラットフォームの、パッケージ管理プログラムでインストールします。  「ArcoLinux」「EndeavourOS」「Garuda Linux」「Manjaro」

yes | pacman -S xfce4-screenshooter xfce4-clipman-plugin
 「Fedora」

yum install -y xfce4-screenshooter xfce4-clipman-plugin
 「FreeBSD」

pkg install -y xfce4-screenshooter-plugin xfce4-clipman-plugin
 「SparkyLinux」

apt install -y mate-utils

3. 設定

 「EndeavourOS」「Garuda Linux」「Manjaro」では、「xfce4-screenshooter」を使うので、ログイン時に、「xfce4-clipman」を起動します。  ログインユーザで

sh
cat << 'EOF' >> ~/.xprofile
/usr/bin/xfce4-clipman &
EOF
exit
 「ArcoLinux」

vi ~/.config/autostart/xfce4-clipman-plugin-autostart.desktop
 102行をコメントアウトします。

Icon=xfce4-clipman-plugin
OnlyShowIn=XFCE;
Terminal=false
 「Fedora」

mkdir -pv ~/.config/autostart

sh
cat << 'EOF' >> ~/.config/autostart/xfce4-clipman.desktop
[Desktop Entry]
Exec=/usr/bin/sh -c "xfce4-clipman &"
Icon=application-x-shellscript
Name=xfce4-clipman
Type=Application
Version=1.0
EOF
exit
 「FreeBSD」では

~/.config/autostart/xfce4-clipman-plugin-autostart.desktop
 が、機能しているようで、再起動してログインすると「xfce4-clipman」が起動します。

4. ショートカットキー

 以下のように、ショートカットキーを割り当てます。
Print 全画面キャプチャ
Ctrl+Print アクティブウィンドウキャプチャ

 「スタート」→「設定」→「LXQt settings」→「Shortcut Keys」

「LXQt」-「スタート」→「設定」→「LXQt settings」→「Shortcut Keys」

 「追加」

「LXQt」-「Global Actions Manager」

 「ショートカット」横の空白を押すとキー入力待ち(10秒)になりますので Print

 コマンド欄に「mate-screenshot」を入力して
 「OK」

「LXQt」-「動作の編集」

 同じ要領で
 「ショートカット」に Ctrl+Print

 コマンド欄に「mate-screenshot -w」を設定します。

 「xfce4-screenhooter」を使用する場合は、全画面、アクティブウィンドウをクリップボードへコピーがそれぞれ、「xfce4-screenshooter -c -f」「xfce4-screenshooter -c -w」です。

5. GUI で設定できないとき

 「SparkyLinux 5.8」では、システム設定のためか、Print を GUI から設定できませんでした。  「EndeavourOS」では、同時に「KDE」をインストールしていると、「Spectacle」にとられちゃいます。  設定ファイルを直接編集することとします。

vi ~/.config/openbox/lxqt-rc.xml

    <!-- Launch gnome-screenshot when Print is pressed -->
    <keybind key="Print">
      <action name="Execute">
        <command>lximage-qt --screenshot</command>
      </action>
    </keybind>
 を、下記に変更します。

    <!-- Launch gnome-screenshot when Print is pressed -->
    <keybind key="Print">
      <action name="Execute">
        <command>mate-screenshot</command>
      </action>
    </keybind>
    <keybind key="C-Print">
      <action name="Execute">
        <command>mate-screenshot -w</command>
      </action>
    </keybind>
 「Fedora」もエディタでお手軽に

vi ~/.config/openbox/lxqt-rc.xml

  </keybind>

   <!-- Keybindings for running applications.
 あたりで下記のように記述します。

  </keybind>

  <!-- screenshot  -->
  <keybind key="Print">
    <action name="Execute">
      <command>xfce4-screenshooter -c -f</command>
    </action>
  </keybind>
  <keybind key="C-Print">
    <action name="Execute">
      <command>xfce4-screenshooter -c -w</command>
    </action>
  </keybind>

   <!-- Keybindings for running applications.
 「Manjaro」だと、Print の記述がないので、328 行と 329 行の間あたりに以下をぶちこみます。  「EndeavourOS」では、299行と 301行の間です。

  <!-- screenshot  -->
  <keybind key="Print">
    <action name="Execute">
      <command>xfce4-screenshooter -c -f</command>
    </action>
  </keybind>
  <keybind key="C-Print">
    <action name="Execute">
      <command>xfce4-screenshooter -c -w</command>
    </action>
  </keybind>
ハイスピードプランSirusiJETBOY一日一善 黒甘酒
 
 
カウンタバックグラウンド