1. FreeBSD - デスクトップ環境構築 - XFCE - インストール - 10.3 まで

 
 インストーラ入手や OS のインストール、sendmail 無効化と pkg update までは「FreeBSD のOSインストール」を参照してください。
1.1 パッケージ
1.2 X-org環境設定
1.3 rc.conf 編集
1.4 シャットダウンユーザの設定
1.5 ユーザ用初期化ファイルの作成
1.6 xfce 起動

1.1 パッケージ


> pkg install xorg
> pkg install japanese/font-std
> pkg install japanese/scim-anthy
> pkg install x11-wm/xfce4-wm
> pkg install x11/slim
 VirtualBox 上にインストールしている場合は、ここで「FreeBSD - デスクトップ環境 - 共通事項 - VirtualBox 上にインストールする際の注意」を参考にして VirtualBox 用のツールをインストールしておきます。

1.2 X-org環境設定

 X-org のデバイス設定ファイルを作成して、コピー。

> Xorg -configure
> cp ~/xorg.conf.new /etc/X11/xorg.conf
 /etc/X11/xorg.conf"Files" section に1行追加

	FontPath "/usr/local/share/fonts/dejavu/"
 "Module" section に1行追加

	Load    "freetype"
 VirtualBpx 上にインストールしている場合は Section "Device"

        Driver      "vesa"
 のようになっていたら、VirtualBox パッケージのインストール後に

        Driver      "vboxvideo"
 に置き換えます。

1.3  rc.conf 編集

 Xorg のデーモンを起動するように、/etc/rc.conf に以下の行を加えます。

slim_enable="YES"
dbus_enable="YES"
hald_enable="YES"
polkitd_enable="YES"

1.4 シャットダウンユーザの設定

 一般ユーザからもシャットダウンできるようにします。  下記のファイルを作成して
/usr/local/etc/polkit-1/localauthority/50-local.d/org.freedesktop.consolekit.pkla
 以下のように記述します。

[Local restart]
Idendity=unix-group:power
Action=org.freedesktop.consolekit.system.restart
ResultAny=yes
ResultInactive=yes
ResultActive=yes

[Local shutdown]
Idendity=unix-group:power
Action=org.freedesktop.consolekit.system.stop
ResultAny=yes
ResultInactive=yes
ResultActive=yes

[Local restart - multiple]
Idendity=unix-group:power
Action=org.freedesktop.consolekit.system.restart-multiple-users
ResultAny=yes
ResultInactive=yes
ResultActive=yes

[Local shutdown - multiple]
Idendity=unix-group:power
Action=org.freedesktop.consolekit.system.stop-multiple-users
ResultAny=yes
ResultInactive=yes
ResultActive=yes

[Suspend Hibernate]
Idendity=unix-group:power
Action=org.freedesktop.upower.*
ResultAny=yes
ResultInactive=yes
ResultActive=yes
 電源操作用のグループを作成します。

> pw groupadd power
 /etc/grouppowerwheel,operator,power を追加します。

power:*:1002:wheel,operator,power	←	1002 はタイミングによって変わります。: 以降を追加しています。

1.5 ユーザ用初期化ファイルの作成

/home/ユーザ名/.xinitrc
 というファイルを作成し、以下のように記述します。

#!/bin/sh
# set locale
export LC_ALL=ja_JP.UTF-8
export LANGUAGE=ja_JP.UTF-8
export LANG=ja_JP.UTF-8
# set input method
export XMODIFIERS='@im=SCIM'
# execute scim as daemon
scim -d
#
setxkbmap -layout jp
#
exec $1
 新規ユーザのために作成したものを /usr/share/skel にコピーしておきます。

> cp /home/ユーザ名/.xinitrc /usr/share/skel/dot.xinitrc

1.6 xfce 起動

 上記までの設定が終わったら、デーモン群を起動します。  (コピペ用にプロンプトを略しています)

/usr/local/etc/rc.d/dbus start
/usr/local/etc/rc.d/hald start
/usr/local/etc/rc.d/slim start
startx
 うまく設定できていれば、ログイン画面が表示されます。

 ユーザ名・パスワードを入力してログインします。
 デフォルトでこういう画面が表示されます。