FreeBSD - デスクトップ環境構築 - i3wm - FreeBSD 12.0 - 基本操作 - 適切なウィンドウサイズで表示

 
1. 概要
2. 実例
3. デフォルトを floating mode にする

1. 概要

 前に述べたことを同じことを繰り返します。  タイル型ウィンドウには、厳密にはデスクトップという概念はなく、ウィンドウをアプリケーションが一つずつ持っているわけで。  アプリケーションがひとつしか起動していない場合は、そのアプリケーションが画面いっぱいに広がります・・・。  これは、特定のアプリケーション、例えばダイアログ的なものだと無駄に大きく表示され、不細工に見えてしまいます。  これを適切なウィンドウで表示することを「Floating mode」と言うらしく・・・。  本項は、「タイル型WMに手を出してみた (i3) - opamp_sando's blog」を参考にさせていただきました。

2. 実例

 $mod+Shift+Space で切り替えを行います。  ClamTk を単独で起動すると。
i3wm - FreeBSD 12.0 - ClamTk デフォルトの表示

 大きすぎる気がします。

 $mod+Shift+Space
i3wm - FreeBSD 12.0 - ClamTk「Floating mode」

 少なくとも、わたしには、こちらの方がまともに見えます。

3. デフォルトを floating mode にする

 で、特定のプログラムを起動するときに floating mode にするには

~/.i3/config
 に、以下の行を加えます。

for_window [class="クラス名"] floating enable
 プログラムのクラス名を調べる方法は、次ページで。