FreeBSD - デスクトップ環境構築 - i3wm - FreeBSD 12.0 - 基本操作 - メニュー

 
1. 概要
2. 起動
3. 操作
4. 終了
5. 訂正「i3-dmenu-desktop」は、あった

1. 概要

 メニューとして用意されているのが、dmenu、dmenu2、i3-dmenu-desktop、j4-dmenu-desktop-git なるものがあるらしいのですが・・・。  FreeBSD の pkg で入手可能なのは、dmenu か dmenu2 しかなく、2つ使ってみたものの、違いがよくわからんので、dmenu を使用します。

2. 起動

 $mod+D (上部に注目)
i3wm - FreeBSD 12.0 - dmenu

3. 操作

 パスの通っているプログラムはすべてリストされるとのことで、当初、矢印キーで探していったのですが。  「clamtk」を探そうとしても、端までいってスクロール・・・。いつまで続くかわからない。  頭文字が「c」でさえこうなので、「smplayer」だとどうなるか、想像しただけで、ぞっとしたのですが。  文字を入力すると絞り込めるようです。  「clam」まででだいぶ絞れます。
i3wm - FreeBSD 12.0 - dmenu -「clam」まで絞り込み

 「clamt」で、ひとつまで絞れました。

i3wm - FreeBSD 12.0 - dmenu -「clamt」まで絞り込み

 BackSpace で取消もできます。

 カーソルのあたっている状態で Enter で、プログラムが起動します。

4. 終了

 プログラムを起動せずに、メニューを終了するには、ESC

5. 訂正「i3-dmenu-desktop」は、あった

 「pkg」コマンドで探したのが間違いでした。  「i3」の最新パッケージにはバンドルされているようで

> whereis i3-dmenu-desktop
i3-dmenu-desktop: /usr/local/bin/i3-dmenu-desktop /usr/local/man/man1/i3-dmenu-desktop.1.gz
 あるじゃん。

/usr/local/etc/i3/config
 の


# start dmenu (a program launcher)
bindsym Mod4+d exec dmenu_run
 を


# start dmenu (a program launcher)
bindsym Mod4+d exec --no-startup-id i3-dmenu-desktop
 と書き換えます。  ログインして $mod+D
i3wm - FreeBSD 12.0 - i3-dmenu-desktop

 これは、つまり


/usr/local/share/applications/*.desktop
 に存在するもののみ、リストされるようです。  (実際にはリストされないものもある・・・この謎は、まだ解けていない(2019年03月18日))