i3wm - 共通事項 - フローティングモード・クラス名

 
1. 概要
2. フローティングモード
3. クラス名の取得

1. 概要

 特に指定していないと、プログラムを起動すると、空きのある画面いっぱいに表示されます。
「i3wm 共通事項」-「画面いっぱいに表示」

 $mod+Shift+Space で、適切なサイズへ切り替えられますが・・・起動時に適切なサイズで起動する方法があります。

2. フローティングモード


~/.config/i3/config
 に

for_window [class="クラス名"] floating enable
 と記述すると、指定したクラスのプログラムは、適切なサイズで起動します。
「i3wm 共通事項」-「適切なサイズで表示」

3. クラス名の取得

 前項の設定を行うには、プログラムのクラス名を知る必要があります。  調べる対象のプログラムを起動しておいて、端末を開き、端末側で

xprop
 というプログラムを起動します。  十字カーソルが表示されますので、カーソルで、対象のプログラムをクリックするとそのプロパティが表示されます。  (あ「xprop」は、X のプロパティなのか?)
「i3wm 共通事項」-「クラス名を表示」

 ちょっと大きくしないと、見にくいかしら。

「i3wm 共通事項」-「クラス名を表示」「拡大」

 まぁ、だらだら出ちゃうので、クラス名のみ表示したいときは、「xprop」の起動を


xprop | grep WM_CLASS
 にするといいでしょう。
 
 
カウンタバックグラウンド