LXDE - FreeBSD 11.3 RELEASE - 基本操作 - 日本語入力

 
1. 概要
2. 切り替えキー

1. 概要

 インストール完了時点で、日本語入力は可能になっています。
「LXDE FreeBSD 11.3」-「日本語入力確認」

2. 切り替えキー

 入力切り替えは、Ctrl+Space または 半角/全角 で行います。  Ctrl+Space は、「Eclipse」で、コンテンツ・アシストに使用するので、入力切り替えとしては無効にします。  「スタート」→「設定」→「Fcitx 設定」
「LXDE FreeBSD 11.3」-「スタート」→「設定」→「Fcitx 設定」

 「全体の設定」タブで
 「入力メソッドのオンオフ」右の「CTRL_SPACE」をクリックして ESC 一発

「LXDE FreeBSD 11.3」-「入力メソッドの設定」

 適用して閉じれば、Ctrl+Space は、入力切り替えとしては無効になっています。


 
 
カウンタバックグラウンド