FreeBSD - デスクトップ環境構築 - LXDE - FreeBSD 12.0 - 開発環境 Eclipse

 
1. 概要
2. 起動

1. 概要

 開発環境 Eclipse を使用してみます。  インストールと日本語化については「共通事項 - 開発環境 Eclipse」をご参照ください。  ここでは pkg コマンドで「eclipse」をインストールしました。  メニューへの組込に関しては「基本操作」をご参照ください。

2. 起動

 「スタート」→「プログラミング」→「Eclipse」
FreeBSD - デスクトップ - LXDE - FreeBSD 12.0 -「スタート」→「プログラミング」→「Eclipse」

 「OK」

FreeBSD - デスクトップ - LXDE - FreeBSD 12.0 - Eclipse - ワークスペース選択

 と、日本語化したものでは次の段階で、以下のエラーを表示してこけます(2019年01月21日)。


JVM terminated. Exit code=1
/usr/local/openjdk8/bin/java
-Dosgi.requiredJavaVersion=1.8
-Xms256m
-Xmx1024m
-Dorg.eclipse.equinox.p2.reconciler.dropins.directory=/usr/local/share/eclipse/dropins
-Xverify:none
-javaagent:/usr/local/lib/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
-jar /usr/local/lib/eclipse//plugins/org.eclipse.equinox.launcher_1.3.200.v20190111-0204.jar
-os freebsd
-ws gtk
-arch x86_64
-showsplash /usr/local/lib/eclipse//plugins/org.eclipse.platform_4.6.0.v20190111-0202/splash.bmp
-launcher /usr/local/lib/eclipse/eclipse
-name Eclipse
--launcher.library /usr/local/lib/eclipse//plugins/org.eclipse.equinox.launcher.gtk.freebsd.x86_64_1.1.400.v20190111-0204/eclipse_1617.so
-startup /usr/local/lib/eclipse//plugins/org.eclipse.equinox.launcher_1.3.200.v20190111-0204.jar
--launcher.appendVmargs
-exitdata 10001
-vm /usr/local/openjdk8/bin/java
-vmargs
-Dosgi.requiredJavaVersion=1.8
-Xms256m
-Xmx1024m
-Dorg.eclipse.equinox.p2.reconciler.dropins.directory=/usr/local/share/eclipse/dropins
-Xverify:none
-javaagent:/usr/local/lib/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
-jar /usr/local/lib/eclipse//plugins/org.eclipse.equinox.launcher_1.3.200.v20190111-0204.jar
 仕方ないので、英語版で起動しなおしました。  起動直後の状態です。
FreeBSD - デスクトップ - LXDE - FreeBSD 12.0 - Eclipse - 起動直後(英語版)

 2019年01月21日時点で、下記のバージョンでした。

FreeBSD - デスクトップ - LXDE - FreeBSD 12.0 - Eclipse - バージョン情報

 Eclipse の操作等については「統合開発環境 Eclipse」をご参照ください。

 
 
カウンタバックグラウンド