FreeBSD - デスクトップ環境構築 - LXDE - FreeBSD 12.0 - 基本操作 - 画面のキャプチャをとる

 
1. 概要
2. インストール
3. ショートカットキーの割り当て
4. 操作

1. 概要

 LXDE インストール時点で、Print に gnome-screenshot が割り当てられているのですが、何故か、gnome-screenshot はインストールされていない模様です。  mate-screenshot をインストールしてショートカットキーに割り当てようとしたら、うまく起動できなかったので、gnome-screenshot をインストールして使用します。

2. インストール

 OctoPkg が機能していないので

pkg install gnome-screenshot

3. ショートカットキーの割り当て

 gnome-screenshot にキーを割り当てます。  Print で全画面、Alt+Print でウィンドウのキャプチャをとるようにします。  実はクリップボードにとるのをデフォルトにして、とくにウィンドウは開かなくてもよいと思っていたのですが。  VirtualBox のクリップボード共有の機能がウィンドウ越しでしか機能しないので、いちいちウィンドウを開くことにします。  Print は既に割り当て済なので、Alt+Print を追加します(実は動作は一緒になってしまいますが、操作を覚えておくために記録します)。  「スタート」→「設定」→「Setup Hot Keys」
LXDE - FreeBSD 12.0 - 「スタート」→「設定」→「Setup Hot Keys」

 「Programs」タブで
 「追加」

LXDE - FreeBSD 12.0 - lxhotkey - 追加

 「コマンド」に「gnome-screenshot -w -i」と入力して

 空白のアイコンをクリックして Alt+Print を入力(何故か「Alt+Execute」と表示されますが「Alt+Print」になっています)

 右矢印のアイコン

LXDE - FreeBSD 12.0 - lxhotkey - 項目の編集

 「保存」

LXDE - FreeBSD 12.0 - lxhotkey - 保存

 これでショートカットキーの割り当ては完了です。

4. 操作

Print もしくは Alt+Print を入力すると、gnome-screenshot が起動します。  「スクリーンショットの取得」
LXDE - FreeBSD 12.0 - gnome-screenshot

 「クリップボードにコピー」でクリップボードにコピーできます。

LXDE - FreeBSD 12.0 - gnome-screenshot - 取得結果

 
 
カウンタバックグラウンド