Lumina - 共通事項 - 画面キャプチャ - xfce4-screenshooter

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. クリップボードマネージャ
4. ショートカットキー

1. 概要

 「xfce4-screenshooter」が、うまく「xfce4-clipman」とともに動作すれば、バックグラウンドで、クリップボードへコピーできるので便利です。  ちなみに、「FreeBSD」では、うまく機能します。

2. インストール

 「root」ユーザで  「FreeBSD」

pkg install -y xfce4-screenshooter-plugin xfce4-clipman-plugin

3. クリップボードマネージャ

 ログイン時に、クリップボードマネージャを起動するようにします。  ログインユーザで

mkdir -pv ~/.config/autostart

sh
cat  << 'EOF' >>  ~/.config/autostart/xfce4-clipman.desktop
[Desktop Entry]
Exec=/bin/sh -c "xfce4-clipman &"
Icon=application-x-shellscript
Name=xfce4-clipman
Type=Application
Version=1.0
EOF
exit

4. ショートカットキー

 以下のように、ショートカットキーを割り当てます。
 キー    コマンド     機能    備考 
Print xfce4-screenshooter -c -f 全画面をキャプチャしてクリップボードへコピー
Ctrl+Print xfce4-screenshooter -c -w アクティブウィンドウをキャプチャしてクリップボードへコピー

 「CUI」で操作するより、エディタで編集する方が、わたしには楽でした。

 ログインユーザで


vi ~/.config/lumina-desktop/fluxbox-keys

#Lumina Specific defaults
Print  :Exec lumina-screenshot
Pause   :Exec xscreensaver-command -lock
Mod1 L   :Exec xscreensaver-command -lock
Mod1 space   :Exec lumina-search
XF86AudioRaiseVolume  :Exec lumina-open -volumeup
XF86AudioLowerVolume  :Exec lumina-open -volumedown
Mod1 Home  :Exec lumina-open -brightnessup
Mod1 End  :Exec lumina-open -brightnessdown
F12  :Exec lumina-terminal -toggle
Mod4 space  :Exec lumina-desktop --show-start
Control F1   :Workspace 1
Mod4 F1   :SendToWorkspace 1
Print   :Exec lumina-screenshot
Mod1 Home   :Exec lumina-open -brightnessup
Mod1 End   :Exec lumina-open -brightnessdown
Pause  :Exec xscreensaver-command -lock
 131、143行をコメントアウトして、末尾に以下を追加します。

Print         :Exec xfce4-screenshooter -c -f
Control Print :Exec xfce4-screenshooter -c -w
 ログインしなおせば、思い通りの動きになります。
ハイスピードプラン
 
 
カウンタバックグラウンド