KDE - FreeBSD 12.2 RELEASE - 日本語入力

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. 設定
4. 確認

1. 概要

 日本語入力として、「fcitx-mozc」を使用します。

2. インストール

 「OctoPkg」で、「fcitx」を検索して、「ja-fcitx-mozc」「zh-fcitx-configtool」をインストールします。

3. 設定

 「fcitx」の起動を設定します。  「root」ユーザで

cat - << EOF >> /usr/share/skel/dot.xprofile
#
export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=xim
export XMODIFIERS=@im=fcitx
#
/usr/local/bin/mozc start
fcitx -r -d
EOF
 既存のログインユーザは、

cp /usr/share/skel/dot.xprofile ~/.xprofile
 「FreeBSD 11.4 RELEASE」にインストールしたときは、キーボードレイアウトが日本語になっていなかったので、設定しましたが、今回は、「日本語」になっていました。

4. 確認

 ログインしなおして、日本語入力できることを確認しました。  (「Konsole」では、日本語入力できないので、ご注意ください。)
「KDE FreeBSD 12.2」-「日本語入力確認」

 Ctrl+Space もしくは 半角/全角 で、入力切り替えを行います。

 Ctrl+Space を無効にする場合は、「デスクトップ環境構築 - 共通事項 - 日本語入力」をご参照ください。

ハイスピードプラン
 
 
カウンタバックグラウンド