KDE - FreeBSD 12.1 RELEASE - 環境構築

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. rc.conf 編集
4. 起動

1. 概要

 下記のデスクトップ環境を構築する手順を記述します。
システム ホスト(Windows 10 1903 amd64)・VirtualBox 6.0.14 上のゲストとして FreeBSD 12.1 RELEASE
ログインマネージャ sddm
日本語入力 fcitx-mozc

 VirtualBox の Guest Additions は「FreeBSD - デスクトップ環境構築 - 共通事項」の手順であらかじめインストールしておきます。

2. インストール


pkg install -y xorg ja-font-migmix ja-fcitx-mozc zh-fcitx-configtool
pkg install -y slim slim-themes
pkg install -y kde5 sddm plasma5-sddm-kcm
 最後の1行で

The process will require 4 GiB more space.
1 GiB to be downloaded.
 ですって、やっぱり容量食うわね。

3. rc.conf 編集


/etc/rc.conf
 に KDE 関連のデーモンの起動を加えます。

cat - << EOF >> /etc/rc.conf

dbus_enable="YES"
hald_enable="YES"

sddm_enable="YES"
sddm_lang="ja_JP"
EOF

4. 起動


/usr/local/share/dot.xprofile
 を作成して編集します。

cat - << EOF >> /usr/local/share/dot.xprofile
#!/bin/sh
export LANG=ja_JP.UTF-8
#
export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=xim
export XMODIFIERS=@im=fcitx
/usr/local/bin/mozc start
fcitx -r -d
EOF
 作成したら既存ユーザのホームディレクトリに .xprofile というファイル名でコピーします。  ログインユーザで

cp /usr/local/share/dot.xprofile ~/.xprofile
 再び、root ユーザで

/etc/fstab
 の最下行に1行加えます。

proc		/proc		procfs	rw	0	0
 システムを再起動します。  再起動後、以下の画面が表示されれば基本的な設定は完了です。 kde5 contains current KDE Frameworks, Plasma Desktop and Applications. WWW: https://www.kde.org
 
 
カウンタバックグラウンド