KDE - FreeBSD 11.3 RELEASE - パッケージ管理 OctoPkg

 
1. 概要
2. インストールと設定
3. 起動

1. 概要

 「OctoPkg」は、パッケージ管理の GUI フロントエンドです。  実は、「KDE」ネイティブな「Discover」というパッケージ管理のプログラムがあるのですが・・・。  これはどうも「KDE」のパッケージしか管理していないし、リポジトリも設定されていないので、少なくともそのまま「FreeBSD」では利用できません。

2. インストールと設定

 root ユーザで、「pkg」コマンドでインストールします。

pkg install octopkg gksu
 ただし、これが、「gksu」が機能しない(「kdesu」でもいいとメッセージは出ますが、これもインストールされているのに機能しない模様)。  なので、「octopkg」を「sudo」で起動するように設定します。  前提として、「octopkg」を使用するユーザは、「wheel」グループに所属しているものとします。  まずは

visudo
 で

/usr/local/etc/sudoers
 を編集します。  編集するのは1ヶ所のみ

# %wheel ALL=(ALL) NOPASSWD: ALL
 の先頭を削除して、有効にします。

%wheel ALL=(ALL) NOPASSWD: ALL
 これで、「wheel」グループ内のユーザは、パスワードなしで、「sudo」が使えます。  次に  「スタート」を右クリックして「アプリケーションを編集」
「KDE FreeBSD 11.3」- 「アプリケーションを編集」

 「システム」「OctoPkg」を選択して
 「コマンド」を「octopkg」から「sudo octopkg」に変更して
 「保存」

「KDE FreeBSD 11.3」-「KDE メニューエディタ」

3. 起動

 「スタート」→「システム」→「OctoPkg」
「KDE FreeBSD 11.3」-「スタート」→「システム」→「OctoPkg」

 起動直後の状態です。

「KDE FreeBSD 11.3」- OctoPkg - 起動直後

 2019年7月25日の時点で、下記のバージョンでした。

「KDE FreeBSD 11.3」-「OctoPkg」バージョン情報

 
 
カウンタバックグラウンド