FreeBSD - デスクトップ環境構築 - KDE - FreeBSD 12.0 - 基本操作 - メニューへの項目追加

 
1. 概要
2. メニューへの項目追加

1. 概要

 Eclipse は、何故か、インストールしても、メニューの項目に自動で追加されません。  手動で、メニューへ追加します。

2. メニューへの項目追加

 「スタート」を右クリック  「アプリケーションを編集」
FreeBSD - デスクトップ - KDE - FreeBSD 12.0 -「スタート」右クリック→「アプリケーションを編集」

 「開発」を選択して
 「新しい項目」

FreeBSD - デスクトップ - KDE - FreeBSD 12.0 -「KDE メニューエディタ」-「新しい項目」

 「Eclipse」と入力して
 「OK」

FreeBSD - デスクトップ - KDE - FreeBSD 12.0 -「新しい項目 - KDE メニューエディタ」

 戻って
 コマンド横のフォルダアイコン(
FreeBSD - デスクトップ - KDE - FreeBSD 12.0 -「KDE メニューエディタ」-「コマンド」

 ファイルオープンダイアログが表示されます。

 ここで、一度失敗しました。
 選択するのは「/usr/local/lib/eclise/eclipse」でなく


/usr/local/bin/eclipse
 なので間違えないように。
FreeBSD - デスクトップ - KDE - FreeBSD 12.0 -「KDE メニューエディタ」→「Open File」

 戻って
 「保存」

FreeBSD - デスクトップ - KDE - FreeBSD 12.0 -「KDE メニューエディタ」→「保存」

 少し待ちます。

FreeBSD - デスクトップ - KDE - FreeBSD 12.0 -「システムの設定を更新しています」

 ダイアログが消去されれば、メニューから起動できるようになります。

 
 
カウンタバックグラウンド