KDE - FreeBSD 11.2 RELEASE - 基本操作 - 日本語入力設定 fcitx-mozc

 クラウディア
1. 設定
2. 確認

1. 設定

 「アプリケーションランチャー」→「アプリケーション」→「設定」→「入力メソッドの設定」
「KDE FreeBSD 11.2」-「アプリケーション」→「設定」→「入力メソッドの設定」

 「入力メソッド」タブで
 「現在のインプットメソッド」を
 「キーボード - 日本語」と Mozc にします。

「KDE FreeBSD 11.2」-「入力メソッドの設定」「入力メソッド」

 「全体の設定」タブへ移動し
 「ホットキー」タブで
 「入力メソッドのオンオフ」の [CTRL+SPACE] をクリックして

「KDE FreeBSD 11.2」-「入力メソッドの設定」「全体の設定」「ホットキー」

 半角/全角

「KDE FreeBSD 11.2」-「設定したいキーの組み合わせを押してください」

 「プログラム」タブで
 「規定の入力メソッドの状態」を「有効」にして
 「適用」して閉じます。

「KDE FreeBSD 11.2」-「入力メソッドの設定」「全体の設定」「プログラム」

2. 確認

 「Xterm」で確認を行います。  半角/全角 で切り替えて、英語、日本語が入力できることを確認します。
「KDE FreeBSD 11.2」-「日本語入力確認」

 
 
カウンタバックグラウンド