デスクトップ環境構築 - KDE - 基本操作 - 日本語入力設定 scim-anthy

 
1. 切り替えキーを変更

1. 切り替えキーを変更

 本サイトの設定では、日本語入力を「scim-anthy」で行います。  デフォルトでは日本語/英語の切り替えを Ctrl+Space で行いますが、これを 半角/全角 キーに変更します。  「スタート」→「アプリケーション」→「設定」→「SCIM 入力メソッドの設定」
「FreeBSD 11.2 KDE」-「スタート」→「アプリケーション」→「設定」→「SCIM 入力メソッドの設定」

 「全体設定」タブで
 「キーボード配列」に「日本語」を設定

「FreeBSD 11.2 KDE」-「SCIM 入力メソッドの設定」「全体設定」タブ

 「ホットキー」の「開始/終了」で
 「...」アイコン
 「Ctrl+Space」を「削除」して
 「...」アイコン

「FreeBSD 11.2 KDE」-「開始/終了キーの設定」

 ダイアログが表示された状態で 半角/全角 を押して
 戻った画面で「追加」
 「OK」

「FreeBSD 11.2 KDE」-「開始/終了キーの設定」設定後

 ログインしなおすと 半角/全角 で入力切り替えができるようになります。