KDE - 共通事項 - 画面キャプチャ - 組み合わせ

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. 自動起動
4. 既存のショートカットキーを無効化
5. 新規のショートカットキーを設定

1. 概要

 これは、「ArcoLinux 20.11.9 KDE(Plasma)」で行った設定です。  「Spectacle」のショートカットは、無効化できたものの、カスタマイズのショートカットに Ctrl+Print が設定できなかったので、「sxhkd」にまかせます。

2. インストール

 「root」ユーザで

yes | pacman -S xfce4-screenshooter xfce4-clipman-plugin sxhkd

3. 自動起動

 「xfce4-clipman」と「sxhkd」の自動起動を設定します。  ログインユーザで。

vi ~/.config/autostart/xfce4-clipman-plugin-autostart.desktop

Icon=xfce4-clipman-plugin
OnlyShowIn=XFCE;
Terminal=false
 102行目を下記へ変更します。

OnlyShowIn=XFCE;KDE;
 「sxhkd」

sh
cat << 'EOF' >> ~/.config/autostart/sxhkd.desktop
[Desktop Entry]
Type=Application
Name=sxhkd
TryExec=sxhkd
Exec=sxhkd
EOF
exit

4. 既存のショートカットキーを無効化

 「KDE システム設定」を起動して  「ショートカット」
「KDE」-「KDE システム設定」

 「Spectacle」で「アクティブウィンドウを撮影」の Ctrl+Print をゴミ箱へ入れます。

「KDE」-「Shortcuts - KDE システム設定」

 「デスクトップ全体」を撮影の Print も無効化して、上位の「Spectacle を起動」に Print を割り当てます。

 これで、メニューを表示していても、Print キーで画面全体のキャプチャがとれます。

5. 新規のショートカットキーを設定

 「sxhks」のキー設定

mkdir -pv ~/.config/sxhkd

sh
cat << 'EOF' >> ~/.config/sxhkd/sxhkdrc
ctrl + Print
    xfce4-screenshooter -c -w
EOF
exit
 これで、ログインしなおせば、以下のキーが有効になります。 Print 全画面のキャプチャで「Spectacle」が起動 Ctrl+Print アクティブウィンドウをキャプチャしてクリップボードへコピー
Tokyo Speed Wi-Fi損保との違い
 
 
カウンタバックグラウンド