KDE - 共通事項 - 画面キャプチャ

 
1. 概要
2. mate-utils インストール
3. ショートカットキーの設定

1. 概要

 何度も書きましたが、「KDE」の画面キャプチャプログラムは、「Spectacle」というものがデフォルトでインストールされておりまして。  「VirtualBox」のクリップボードへ送ることもできます。全画面の画面キャプチャは、何の問題もない。  が、アクティブウィンドウのキャプチャは、例えば、「Okular」のアクティブウィンドウのキャプチャをとると
「KDE」- 「Spectacle」で取得した「Okular」のアクティブウィンドウのキャプチャ

 こんなですわ。
 この周りのふにゃふにゃしたものの意味がわからない・・・。
 これが素敵でたまらない人がいるのだろうか?

 なので、ワタクシ的には、「Spectacle」は、使えないのです。
 運よく、そのディストリビューションなり、オペレーティングシステムなりに「mate-utils」のパッケージがあれば、ありがたく使わせていただくのです。

 以下、「ArcoLinux 19.06.1 KDE(Plasma)」の画面キャプチャです。

2. mate-utils インストール

 インストール方法は、ディストリビューションもしくは、オペレーティングシステムによって異なるので、ここでは記載しません。  とにかく、パッケージ管理で「mate-utils」が、運よく検索出来たらインストールしちゃいます。

3. ショートカットキーの設定

 「mate-utils」がインストールできればしめたものです。  元々の「Spectacle」のショートカットキーも無視して、「mate-screenshot」にショートカットキーの割り当てを行います。  以下のように設定します。 Print 全画面のキャプチャ Ctrl+Print アクティブウィンドウのキャプチャ  (アクティブウィンドウのキャプチャの方は Alt+Print を設定したいのですが、うまくできない)  以下の画面は「ArcoLinux - 19.06.1 - KDE(Plasma)」のものです。  「KDE システム設定」を起動して  「ショートカット」
「KDE」-「KDE システム設定」

 「カスタムショートカット」「Screenshots」を選択して
 「編集」→「New」→「グローバルショートカット」→「コマンド/URL」

「KDE」-「ショートカット」「編集」→「New」→「グローバルショートカット」→「コマンド/URL」

 名称に「FUll Screen」(このディストリビューションでは、ここで日本語入力が効かない)とでも入力
 「トリガ」タブで「なし」の箇所をクリック、入力状態になるので

 Print

「KDE」-「ショートカット」「トリガ」タブ

 「割り当て直す」

「KDE」-「登録済のグローバルショートカット」

 「アクション」タブで
 「mate-screenshot」を入力して
 「適用」

「KDE」-「ショートカット」「アクション」タブ

 同じ要領で

 名称に		「Active Window」
 「トリガ」に		  Ctrl+Print
 「アクション」に	「mate-screenshot -w」

 を設定します。

 これで、わたしの意図通りの画面キャプチャがとれるようになります。


 
 
カウンタバックグラウンド