GNOME - FreeBSD 12.2 RELEASE - 基本操作

 クラウディア
1. 概要
2. 共通事項
3. カスタマイズ前後

1. 概要

 基本的な操作やカスタマイズ方法について記述します。

2. 共通事項

 「GNOME」に関する共通的な操作やカスタマイズ方法に関しては、「GNOME - 共通事項」をご参照ください。  本プラットフォームでは、下記の項目を適用しました。 ・スクリーンロック ・メニュー ・ブラウザによる拡張機能制御 ・フォント ・キーボード ・画面キャプチャ  ブラウザによる拡張機能を使うので、先行して、「Chromium」をインストールします。  「root」ユーザで

pkg install -y chromium chrome-gnome-shell
 メニューは、「Arc Menu」を使用し、レイアウトに「Brisk Menu Style」を使用しました。  カテゴリやアプリケーションの矢印は、表示しないようにしました。  フォントは、下記を設定しています。
「GNOME FreeBSD 12.2」-「フォント」

 キーボードは、何故か、「英語(US)」が設定されていたので、「日本語」を設定しました。

 画面キャプチャは、「gnome-screenshot」も「xfce4-screenshooter」もバックグラウンドでクリップボードへコピーできません。
 バックグラウンドでクリップボードへコピーできないならば、アクションの少ない「mate-screenshot」を使用することにしました。

3. カスタマイズ前後

 デフォルトのデスクトップです。
「GNOME FreeBSD 12.2」-「デフォルトのデスクトップ」

 久々に壁紙が変わりました。前のバージョンよりは、親しみやすいです。

 あくちびちぃにアプリケーションを表示したところです。

「GNOME FreeBSD 12.2」-「アクティビティにアプリケーションを表示」


 カスタマイズ後のデスクトップ・メニューです。

「GNOME FreeBSD 12.2」-「カスタマイズ後のデスクトップ・メニュー」

ハイスピードプラン損保との違い
 
 
カウンタバックグラウンド