GNOME - FreeBSD 11.4 RELEASE - 日本語入力

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. 設定
4. 確認

1. 概要

 日本語入力として、「fcitx-mozc」を使用します。

2. インストール

 「OctoPkg」で、「fcitx」を検索して、「ja-fcitx-mozc」「zh-fcitx-configtool」をインストールします。

3. 設定

 「fcitx」の起動を設定します。  「root」ユーザで

cat - << EOF >> /usr/share/skel/dot.xprofile
#
export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS=@im=fcitx
export DefaultIMModule=fcitx
#
/usr/local/bin/mozc start
fcitx -r -d
EOF
 既存のログインユーザは、

cp /usr/share/skel/dot.xprofile ~/.xprofile

4. 確認

 ログインしなおして  「スタート」→「その他」→「Fcitx 設定」
「GNOME FreeBSD 11.4」-「スタート」→「その他」→「Fcitx 設定」

 何故か、「英語(US)」になっちゃってますので
 「←」「→」を駆使して

「GNOME FreeBSD 11.4」-「入力メソッドの設定」「入力メソッド」

 「日本語」「Mozc」の順にします。

「GNOME FreeBSD 11.4」-「入力メソッドの設定」「入力メソッド」「変更後」

 ついでに、入力切替のキーが Ctrl+Space になっちゃってますが、わたしはこのキーを「Eclipse」のコンテンツアシストに使用しますので

 半角/全角 へ変更します。

「GNOME FreeBSD 11.4」-「入力メソッドの設定」「全体の設定」

 端末を開いて、日本語入力できることを確認しました。

「GNOME FreeBSD 11.4」-「日本語入力確認」

SirusiKiPuRuTokyo Speed Wi-Fi
 
 
カウンタバックグラウンド