GNOME - FreeBSD 12.1 RELEASE - 基本操作 - 日本語入力

 
1. 概要
2. キーボード設定
3. Fcitx 設定
4. 確認

1. 概要

 今回は、環境構築時から、「fcitx-mozc」が機能するように設定していますが、そのままでは、やはり動作しませんでした。  「ibus」が「gnome3」と共にインストールされているので、削除したいのですが、「pkg」コマンドで削除しようとすると、「gnome」もろとも消しにいっちゃいますので、そこはそっとしておきます。

2. キーボード設定

 何故か、「US」キーボードになっているので、日本語にします。  「設定」を開いて  「Region & Language」「入力ソース」下の「+」
「GNOME FreeBSD 12.1」-「設定」

 「日本語」

「GNOME FreeBSD 12.1」-「入力ソースの追加」

 「日本語」を選択して
 「追加」

「GNOME FreeBSD 12.1」-「入力ソースの追加」「日本語」

 前の画面に戻ったら、「日本語」が追加されています。
 「-」で「US」キーボードを削除して、「設定」を閉じます。

3. Fcitx 設定

 「アプリケーション」→「その他」→「Fcitx 設定」
「GNOME FreeBSD 12.1」-「アプリケーション」→「その他」→「Fcitx 設定」

 メソッドの選択と
 「→」「←」のアイコンを操作して
 「キーボード - 英語(US)」を無効にして
 「キーボード - 日本語」「Mozc」の順にします。

「GNOME FreeBSD 12.1」-「入力メソッドの設定」「入力メソッド」

 「全体の設定」で
 「入力メソッドのオンオフ」右の「CTRL_SPACE」をクリックして 半角/全角 で、切り替えキーを設定します。

「GNOME FreeBSD 12.1」-「入力メソッドの設定」「全体の設定」

 「適用」して、閉じます。

4. 確認

 端末を開いて、日本語入力できることを確認しました。
「GNOME FreeBSD 12.1」-「日本語入力確認」

 前項で設定していますので、入力切り替えキーは、半角/全角 になっています。


 
 
カウンタバックグラウンド