FreeBSD - デスクトップ環境構築 - GNOME - FreeBSD 12.0 - 基本操作 - 日本語入力

 
1. 概要
2. 有効化
3. libgnomekbd インストール
4. 切替キー変更

1. 概要

 日本語入力として「ibus-anthy」を使うように「FreeBSD - デスクトップ環境構築 - GNOME - FreeBSD 12.0 - 環境構築」に記述しています。  有効化するには以下の手順が必要です。

2. 有効化

 「設定」から  「Region&Language」
FreeBSD - GNOME -「設定」-「Region&Language」

 入力ソースで
 「+」

FreeBSD - GNOME -「設定」-「Region&Language」- 入力ソース「+」

 「日本語」

FreeBSD - GNOME - 入力ソースの追加

 「日本語(Anthy)」を選択して
 「追加」

FreeBSD - GNOME - 入力ソースの追加 - 日本語

 上記の処理を何度か繰り返して、英語(US)を削除して
 「入力ソース」が「日本語」「日本語(Anthy)」の順になるようにします。

FreeBSD - GNOME - 「設定」

3. libgnomekbd インストール

 上記の設定を終えて、キーボードのレイアウト確認のため  右上のバー上をクリックして「キーボードレイアウト」の表示を行うと
FreeBSD - GNOME - キーボードレイアウトの表示

 「gkbd-keyboard-display の実行に失敗しました」と表示されるのです。

FreeBSD - GNOME - 「gkbd-keyboard-display の実行に失敗しました」

 調べると「RPM resource /usr/bin/gkbd-keyboard-display」あたりにそれらしきものが・・・。

 libgnomekbd というパッケージをインストールすると有効になるのか・・・?
 話が前後してしまいますが OctoPkg で libgnomekbd というパッケージは検索できるので、インストールしてみます。


 インストール後、同じ操作で、表示されました。
 しかも 半角/全角 キーを認識しているらしいのでありがたい。

FreeBSD - GNOME - キーボードレイアウト

4. 切替キー変更

 さて、ここまでやって「FreeBSD - デスクトップ環境構築 - GNOME - FreeBSD 11.2 まで」に書いていた内容は、誤りであったな・・・と気づかされる・・・。  ここまでの手順で、英語/日本語入力を Win+Space で切り替えられるようになっています。  半角/全角 で切り替えるようにします。  設定画面を開いて  「デバイス」→「Keyboard」  「タイピング」で「次の入力ソースへ切り替える」
FreeBSD - GNOME - 「デバイス」-「Keiboard」

 半角/全角

FreeBSD - GNOME - ショートカットの設定 - 入力前

 「設定」

FreeBSD - GNOME - ショートカットの設定 - 入力後

 この状態で画面を閉じます。

FreeBSD - GNOME -  「デバイス」-「Keiboard」- 編集後

 これで 半角/全角 で英語/日本語入力が切り替わるようになります。

 
 
カウンタバックグラウンド