GNOME - FreeBSD 11.2 RELEASE - 日本語入力の設定 - 切り替えキーの設定

 クラウディア
1. 切り替えキーの設定
2. 入力を確認

1. 切り替えキーの設定

 ここまでの手順で、日本語切り替えキーは Ctrl+J になっています。  以下の手順で切り替えキーを「半角/全角」キーにします。  テキストファイルなり端末なりをひらいて右上に Anthy のアイコンを出しておいて  Anthy のアイコンから  「設定」→「Anthy」
「GNOME FreeBSD 11.2」-「設定」→「Anthy」

 [Key binding] タブで
 [Shortcut Type] を [default] から [ATOK] へ

「GNOME FreeBSD 11.2」-「Setup IBus-Anthy」

 「コマンド」の on_off を選択して

「GNOME FreeBSD 11.2」-「Setup IBus-Anthy」「on_ogg」

 [Eisu_toggle] と [Zenkaku_Hankaku] を削除して
 [...] をクリック後 「半角/全角」キーを押下します。

「GNOME FreeBSD 11.2」-「Edit shotcut」

 戻った画面で「追加」して
 [OK] で閉じていきます。

「GNOME FreeBSD 11.2」-「Edit shotcut」「Zenkaku_Hankaku」

2. 入力を確認

 端末あたりを開いてキーを入力します。
「GNOME FreeBSD 11.2」-「端末」「アルファベット入力」

 切り替えキーで切り替えて日本語と英語が切り替わるのを確認します。

「GNOME FreeBSD 11.2」-「日本語入力確認」

 本来、右上の表示が「あ」[A] と変わるはずなのですが・・・これも変わりません。
 納得いかない部分が多いですが。ひとまず日本語入力に関してはここまで。

JETBOY
 
 
カウンタバックグラウンド