Enlightenment - FreeBSD 11.3 RELEASE - 環境構築

 
1. 概要
2. パッケージインストール
3. ユーザからのシャットダウン・再起動を有効化する
4. /etc/rc.conf 編集
5. ユーザ用初期化ファイルの作成
6. Enlightenment 起動

1. 概要

 インストーラ入手や OS のインストール、sendmail 無効化と pkg update までは「FreeBSD - デスクトップ環境構築 - 共通事項 - OS インストール」をご参照ください。  ここでは、OS 起動後、Enlightenment のパッケージをインストールしてデスクトップ上にログインするまでの手順を記載します。  下記のデスクトップ環境を構築します。
システム FreeBSD 11.3 RELEASE(VirtualBox 6.0.10 上の amd64)
ログインマネージャ Slim
日本語入力 fcitx-mozc

 VirtualBox の Guest Additions は「FreeBSD - デスクトップ環境構築 - 共通事項」の手順であらかじめインストールしておきます。

2. パッケージインストール

 「pkg」コマンドでパッケージをインストールします。

pkg install xorg
pkg install japanese/font-std ja-fcitx-mozc zh-fcitx-configtool
pkg install slim slim-themes
pkg install enlightenment
 「enlightenment」のインストール時のメッセージを念のため、残しておきます。

Message from enlightenment-0.22.4_1,2:

********************************************************
NOTE: If you want "Shutdown" and "Restart"
menu actions to work properly, manually set SUID bit on
"/usr/local/lib/enlightenment/utils/enlightenment_sys"
executable.

WARNING: this program might be vulnerable so do not
set suid bit if you do not trust all the users of this
machine.
********************************************************

3. ユーザからのシャットダウン・再起動を有効化する

 enlightenment でデスクトップ環境下のユーザからのシャットダウン・再起動を有効にするには「enlightenment_sys」の権限を設定しなければなりません。

chmod 4555 /usr/local/lib/enlightenment/utils/enlightenment_sys

4. /etc/rc.conf 編集


/etc/rc.conf
 に以下の行を加えます。

dbus_enable="YES"
slim_enable="YES"
polkitd_enable="YES"

5. ユーザ用初期化ファイルの作成


~/.xinitrc
 というファイルを作成し、以下のように記述します。

#!/bin/sh
# set locale
export LC_ALL=ja_JP.UTF-8
export LANGUAGE=ja_JP.UTF-8
export LANG=ja_JP.UTF-8
#
export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=xim
export XMODIFIERS=@im=fcitx
/usr/local/bin/mozc start
fcitx
VBoxClient-all
#
setxkbmap -layout jp
#
exec $1
 11、12行目は、他の多くのデスクトップ環境と異なります。  11行目は、「fcitx」の起動なのですが、他のデスクトップ環境では「-r -d」のオプションが必須なのですが、何故か「Enlightenment」では、オプションをつけると「fcitx」が起動しないのです。  12行目は、「VirtualBox Guest Additions」の起動です。  これを書いておかないと「VirtualBox Guest Additions」が起動してくれないのです。  新規ユーザのために作成したものを /usr/share/skel にコピーしておきます。

cp /home/ユーザ名/.xinitrc /usr/share/skel/dot.xinitrc

6. Enlightenment 起動

 上記までの設定が終わったら、デーモン群を起動します。

service dbus start
service slim start
 うまく設定できていれば、ログイン画面が表示されます(テーマを fbsd に変更しています)。
「Enlightenment FreeBSD 11.3」- ログイン画面


 2019年8月8日の時点で、「Enlightenment」は下記のバージョンでした。


> pkg info enlightenment
enlightenment-0.22.4_1,2
Name           : enlightenment
Version        : 0.22.4_1,2
Installed on   : Thu Aug  8 08:18:54 2019 JST
Origin         : x11-wm/enlightenment
Architecture   : FreeBSD:11:amd64
Prefix         : /usr/local
Categories     : enlightenment x11-wm
Licenses       : BSD2CLAUSE
Maintainer     : enlightenment@FreeBSD.org
WWW            : https://www.enlightenment.org/
Comment        : Artistic X window manager
Options        :
        ALSA           : on
        NLS            : on
        PULSEAUDIO     : off
Shared Libs required:
        libpulse-simple.so.0
        libeldbus.so.1
        libxcb-shape.so.0
        libefl.so.1
        libefreet.so.1
        libedje.so.1
        libecore.so.1
        libecore_ipc.so.1
        libemotion.so.1
        libpulse.so.0
        libxcb.so.1
        libasound.so.2
        libefreet_mime.so.1
        libecore_input.so.1
        libevas.so.1
        libeio.so.1
        libecore_evas.so.1
        libecore_imf.so.1
        libefreet_trash.so.1
        libecore_con.so.1
        libeina.so.1
        libintl.so.8
        libecore_file.so.1
        libecore_x.so.1
        libecore_input_evas.so.1
        libethumb_client.so.1
        libelementary.so.1
        libxcb-keysyms.so.1
        libeo.so.1
        libeet.so.1
Annotations    :
        FreeBSD_version: 1102000
        repo_type      : binary
        repository     : FreeBSD
Flat size      : 29.8MiB
Description    :
A very artistic X window manager.  Among other attributes,
Enlightenment makes for quite impressive screen shots.

WWW: https://www.enlightenment.org/
 
 
カウンタバックグラウンド