FreeBSD - デスクトップ環境構築 - Enlightenment - FreeBSD 12.0 - 環境構築 - インストール

 
1. 概要
2. パッケージインストール
3. ユーザからのシャットダウン・再起動を有効化する
4. /etc/rc.conf 編集
5. ユーザ用初期化ファイルの作成
6. Enlightenment 起動

1. 概要

 インストーラ入手や OS のインストール、sendmail 無効化と pkg update までは「FreeBSD - デスクトップ環境構築 - 共通事項 - OS インストール」をご参照ください。  ここでは、OS 起動後、Enlightenment のパッケージをインストールしてデスクトップ上にログインするまでの手順を記載します。  下記のデスクトップ環境を構築します。
システムFreeBSD 12.0 RELEASE(VirtualBox 上の amd64)
ログインマネージャSlim
日本語入力fcitx-mozc

 VirtualBox の Guest Additions は「FreeBSD - デスクトップ環境構築 - 共通事項」の手順であらかじめインストールしておきます。

2. パッケージインストール

 「pkg」コマンドでパッケージをインストールします。

pkg install xorg
pkg install japanese/font-std
pkg install ja-fcitx-mozc
pkg install zh-fcitx-configtool
pkg install x11/slim
pkg install slim-themes
pkg install enlightenment
 「enlightenment」のインストール時のメッセージが気になりましたので残しておきます(あ、いや以前の資料を読んで思い出しましたけどね)。

Message from enlightenment-0.22.4,2:

********************************************************
NOTE: If you want "Shutdown" and "Restart"
menu actions to work properly, manually set SUID bit on
"/usr/local/lib/enlightenment/utils/enlightenment_sys"
executable.

WARNING: this program might be vulnerable so do not
set suid bit if you do not trust all the users of this
machine.
********************************************************

3. ユーザからのシャットダウン・再起動を有効化する

 enlightenment でデスクトップ環境下のユーザからのシャットダウン・再起動を有効にするには

chmod +s /usr/local/lib/enlightenment/utils/enlightenment_sys
 で上記のファイルの suid bit をオンにしなければなりません。  上記設定は、誤りでした。訂正してお詫びいたします。  上記設定を行ったのに、インストール後、ログインしてメニューを見ると・・・。
Enlightenment - FreeBSD 12.0 -「スタート」→「システム」-「ロック」「ログアウト」のみ

 「ロック」「ログアウト」以外は非活性化されています。
 おかしいなと思って、調べて「【初心者でもすぐわかる】SUIDとは?と設定方法」を参考にさせていただきました。


chmod 4555 /usr/local/lib/enlightenment/utils/enlightenment_sys
 が正解でした。  上記設定後、ログインし直して、「ロック」「ログアウト」以外も活性化されることを確認しました。
Enlightenment - FreeBSD 12.0 -「スタート」→「システム」-「ロック」「ログアウト」以外も

4. /etc/rc.conf 編集


/etc/rc.conf
 に以下の行を加えます。

dbus_enable="YES"
slim_enable="YES"
polkitd_enable="YES"

5. ユーザ用初期化ファイルの作成


~/.xinitrc
 というファイルを作成し、以下のように記述します。

#!/bin/sh
# set locale
export LC_ALL=ja_JP.UTF-8
export LANGUAGE=ja_JP.UTF-8
export LANG=ja_JP.UTF-8
#
export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=xim
export XMODIFIERS=@im=fcitx
/usr/local/bin/mozc start
fcitx -r -d
#
setxkbmap -layout jp
#
exec $1
 新規ユーザのために作成したものを /usr/share/skel にコピーしておきます。

cp /home/ユーザ名/.xinitrc /usr/share/skel/dot.xinitrc

6. Enlightenment 起動

 上記までの設定が終わったら、デーモン群を起動します。

service dbus start
service slim start
 うまく設定できていれば、ログイン画面が表示されます(テーマを fbsd に変更しています)。
Enlightenment - FreeBSD 12.0 - ログイン画面