IceWM - FreeBSD 11.4 RELEASE - タスクマネージャ Conky

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. 設定
4. 自動起動
5. 表示

1. 概要

 「conky」は、Unix/Linux で動作する、タスクマネージャです。  詳細は、「Conky - Wikipedia」をご参照ください。  「インストール」「設定」「自動起動」に関しては、「共通事項 - タスクマネージャ Conky - FreeBSD の設定」の「FreeBSD 11.4 RELEASE」の項をご参照ください。

2. インストール

 小さいのでお手軽に、「pkg」コマンドでインストール。  「root」ユーザで

pkg install -y conky

3. 設定

 コンフィグレーションファイルを作成して編集します。  以下、ログインユーザで。

mkdir -pv ~/.config/conky/
conky -C > ~/.config/conky/conky.conf
vi ~/.config/conky/conky.conf

conky.config = {
    alignment = 'top_left',
    background = false,
    border_width = 1,
    cpu_avg_samples = 2,
 左上の表示を右上へ、バックグラウンド表示・ダブルバッファリングを有効にします。

conky.config = {
    alignment = 'top_right',
    background = true,
    double_buffer = true,
    border_width = 1,
    cpu_avg_samples = 2,

    font = 'DejaVu Sans Mono:size=12',
    gap_x = 60,
    gap_y = 60,
 フォントを変更して少し小さく、右端との間隔を少し狭くします。

    font = 'MigMix 1M:size=8',
    gap_x = 10,
    gap_y = 60,

    own_window_class = 'Conky',
    own_window_type = 'desktop',
    show_graph_range = false,
 透過して、アプリケーションウィンドウの上には表示しないようにします。

    own_window_class = 'Conky',
    own_window_type = 'dock',
    own_window_argb_visual = true,
    own_window_argb_value  = 150,
    own_window_hints = 'undecorated,below,sticky,skip_taskbar,skip_pager',
    show_graph_range = false,

${scroll 16 $nodename - $sysname $kernel on $machine | }
 ホスト名等がスクロール表示するのをスクロールさせずに、複数行でデスクトップ名も含めて表示します。

${color grey}System :$color $sysname $kernel on $machine
${color grey}Desktop:$color ${execi 999999 echo $XDG_CURRENT_DESKTOP}
${color grey}Conky  :$color $conky_version

4. 自動起動

 ログイン時に、自動起動するように設定します。  ログインユーザで

cat << EOF >> ~/.icewm/startup

sleep 3 && conky
EOF
 sleep の後ろの値の単位は、秒です。  ログイン後、デスクトップの描画が完了するまでの十分な時間を記述します。  画面を閉じて、ログインし直します。

5. 表示

 ログインしなおすと、デスクトップ右に、「Conky」の表示が現れます。
「IceWM FreeBSD 11.4」-「Conky」「表示」

 透過はできませんが、あとは、思い通りです。

 
 
カウンタバックグラウンド