IceWM - FreeBSD 12.1 RELEASE - 開発環境 Eclipse

 
1. 概要
2. 日本語化
3. メニューへの組み込み
4. 起動

1. 概要

 開発環境として、「Eclipse」を使用します。  「root」ユーザで、以下のコマンドでインストールします。

pkg install -y eclipse-cdt

2. 日本語化

 root ユーザで、モジュールのダウンロード・展開・設定を行います。

mkdir -pv /tmp/pleiades
curl http://ftp.jaist.ac.jp/pub/mergedoc/pleiades/build/stable/pleiades.zip --output /tmp/pleiades/pleiades.zip
cd /tmp/pleiades
unzip ./pleiades.zip

mkdir -pv /usr/local/share/eclipse/features
mkdir -pv /usr/local/share/eclipse/plugins
cp -pfR features/* /usr/local/share/eclipse/features/.
cp -pfR plugins/*  /usr/local/share/eclipse/plugins/.

cat - << EOF >> /usr/local/share/eclipse/eclipse.ini
-Xverify:none
-javaagent:/usr/local/share/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
EOF

3. メニューへの組み込み


vi ~/.icewm/menu
 「開発」カテゴリに、以下の行を追加します。

    prog "Eclipse" /usr/local/lib/eclipse/plugins/org.eclipse.sdk_4.6.0.v20190309-0632/eclipse32.png eclipse

4. 起動

 「スタート」→「開発」→「Eclipse」
「IceWM FreeBSD 12.1」-「スタート」→「開発」→「Eclipse」

 「起動」

「IceWM FreeBSD 12.1」- Eclipse - ワークスペース選択

 起動直後の状態です。

「IceWM FreeBSD 12.1」- Eclipse - 起動直後

 2019年11月22日の時点で、下記のバージョン でした。

「IceWM FreeBSD 12.1」- Eclipse - バージョン情報

 Eclipse の操作等については「統合開発環境 Eclipse」をご参照ください。

 
 
カウンタバックグラウンド