1. FreeBSD - デスクトップ環境構築 - GNOME3 - 日本語入力の設定 - 基本設定

 
1.1 概要
1.2 pkg
1.3 設定

1.1 概要

 日本語入力に関しては、満足のいく動きまでいっていないのですが、とりあえず、動作するところまで・・・。

1.2 pkg

 GNOME インストール時に一緒にインストールするように書いてはいますが・・・。

> pkg install japanese/ibus-anthy
 当初、参考サイトに習って ibus-mozc を使おうとしたのですが・・・。  ibus-mozc では「半角/全角」キーを認識しなかったり、[PrintScreen] を「↑」キーと認識したりするので、ibus-anthy を使用することにしました。  気になるのが、以下のメッセージなのですが・・・。  とりあえず、無視して先へ・・・。

ibus-anthy installation finished. To use ibus-anthy, please do the following:

If you are using bash or zsh, please add following lines to your $HOME/.bashrc or
$HOME/.zshrc:

export XIM=ibus
export GTK_IM_MODULE=ibus
export QT_IM_MODULE=xim
export XMODIFIERS=@im=ibus
export XIM_PROGRAM="ibus-daemon"
export XIM_ARGS="-r --daemonize --xim"

If you are using tcsh, please add following lines to your $HOME/.cshrc:

setenv XIM ibus
setenv GTK_IM_MODULE ibus
setenv QT_IM_MODULE xim
setenv XMODIFIERS @im=ibus
setenv XIM_PROGRAM ibus-daemon
setenv XIM_ARGS "-r --daemonize --xim"

If you are using KDE4, you may create a shell script in $HOME/.kde4/env,
and add following lines:

#!/bin/sh
export XIM=ibus
export GTK_IM_MODULE=ibus
export QT_IM_MODULE=xim
export XMODIFIERS=@im=ibus
export XIM_PROGRAM="ibus-daemon"
export XIM_ARGS="-r --daemonize --xim"

If ibus cannot start or the panel does not appear, please ensure
that you are using up-to-date python.
There's a bug in python 2.5, which may prevent the panel from appearing.

1.3 設定

 設定画面から  「地域と言語」

 「入力ソース」で「+」


 「日本語」


 「日本語(Anthy)」を選択して
 「追加」


 ここで、キーボード配列が JIS-106 であるかを確認します。
 戻った画面で
 「日本語(Anthy)」を選択して
 キーボードアイコン


 これで、左上の枠内のキーが [`][~] の組み合わせであれば NG です。
 JIS-106 であれば [Zen...] と表示されているはずです。

 mozc を使うとこうなってしまったので。


 anthy を使うことにしたのです。