デスクトップ環境構築 - IceWM - FreeBSD 12.0 - 環境構築 - icewm-session.desktop

 
1. 概要
2. icewm-session.desktop 作成

1. 概要

 前ページの「$HOME/,xinitrc」の作成で、末尾の行に

exec icewm
 と書く。  何故ならば

/usr/local/share/xsessions/セッション名.desktop
 が、無いからだと書きましたが、無ければ作ればいいわけで。

2. icewm-session.desktop 作成

 以下、root ユーザで。  「/usr/local/share/xsessions」のディレクトリが無ければ、作成。

mkdir -pv /usr/local/share/xsessions
 「icewm-session.desktop」を作成して

touch /usr/local/share/xsessions/icewm-session.desktop
 以下を記述します。

[Desktop Entry]
Encoding=UTF-8
Type=XSession
Name=IceWM Session
GenericName=Window Manager
Comment=This session logs you into IceWM
Comment[ja]=IceWM セッションにログインします
Icon=icewm
TryExec=/usr/local/bin/icewm-session
Exec=icewm-session
NoDisplay=false
Hidden=false
Categories=WindowManager;Application;System;
StartupNotify=false
X-GNOME-Autostart-Notify=false
X-GNOME-Autostart-Phase=WindowManager
X-GNOME-Provides=windowmanager
X-GNOME-WMName=icewm
DesktopNames=ICEWM
X-LightDM-DesktopName=icewm

[Window Manager]
Name=icewm
SessionManaged=true
StartupNotification=false
 本来は多言語にするべきなのですが、割愛して、英語と日本語だけにしてあります。  これで、「$HOME/,xinitrc」の末尾の行を

exec $1
 と書き直して、再起動すると、ログイン画面が、下記のようになります。  (最下行の「Session: IceWM session」に注目)
IceWM - FreeBSD 12.0 - ログイン画面 - 編集後

 また、ログイン後のデスクトップが、下記のようになります。
 (ここの仕組みが理解できていないが、背景色がついていることに注目)

IceWM - FreeBSD 12.0 - デスクトップ - 編集後

 
 
カウンタバックグラウンド