IceWM - 共通事項 - 自動起動

 クラウディア
1. 概要
2. ~/.icewm/startup 作成

1. 概要

 後述する、画面のキャプチャを撮って、クリップボードにコピーする際、「VirtualBox」上のクリップボードにコピーされない。  どうも、ログイン時に

/usr/local/bin/VBoxClient --clipboard
 が起動していない。  かと言って

~/.xinitrc
 に

/usr/local/bin/VBoxClient-all
 と書くのもどうかなぁと思っていたら。  「ubulog: ubuntuにicewmを入れる」の記事で、納得できました。  とは言え、「openSUSE」で、「VirtualBox GuestAdditions」を、「VirtualBox」のメディアよりインストールしたら、何か別の方法で(まだ調べていない)起動するようで、インストール・再起動後にログインしたら、動作しておりました。

2. ~/.icewm/startup 作成

 これは、ログインユーザで、「~/.icewm/startup」を作成して(既に存在する場合もありますのでご注意)、実行権限を付与します。

mkdir -pv ~/.icewm
touch ~/.icewm/startup
chmod +x ~/.icewm/startup
 下記を記述(既に存在する場合は、最下行のみを追加)。

#!/bin/sh

/usr/local/bin/VBoxClient-all
 これで、ログインし直すと、VirtualBox のクリップボードが有効になっています。
 
 
カウンタバックグラウンド