GhostBSD - 19.04 - XFCE - 基本操作 - 画面キャプチャ

 
1. 概要
2. インストール
3. キー割り当て

1. 概要

 画面キャプチャのプログラムとして「xfce4-screenshooter」がインストールされていますが、VirtualBox のクリップボードとの入出力ができないので「mate-screenshot」を使用します。

2. インストール

 後述する「Software Station」で「mate-utils」を検索して、インストールします。

3. キー割り当て

 PrintCtrl+Print をそれぞれ、全画面・アクティブウィンドウのキャプチャ取得に割り当てます。  (アクティブウィンドウは Alt+Print にしたいのですが、うまく機能しないのです)  「スタート」→「設定」→「設定エディタ」
GhostBSD - 19.04 -「XFCE」-「スタート」→「設定」→「設定エディタ」

 「チャネル」「xfce3-keiboard-shotcuts」で
 「command」「custom」の下のどれかを選択した状態で
 「新規」

GhostBSD - 19.04 -「XFCE」-「設定エディタ」

 「プロパティ」に「/command/custom/Print」
 「データ型」に「String」
 「値」に「mate-screenshot」と入力して
 「保存」

GhostBSD - 19.04 -「XFCE」-「新しいプロパティ」

 同じ要領で
 「プロパティ」に「/command/custom/<Primary>Print」
 「データ型」に「String」
 「値」に「mate-screenshot -w」と入力して
 「保存」

 これで、意図したショートカットキーでキャプチャできるようになります。

 
 
カウンタバックグラウンド