GhostBSD - 19.04 - 共通事項 - 日本語入力

 
1. 概要
2. インストール

1. 概要

 日本語入力に、fcitx-anthy を使用します。  実は、scim も試してみたのですが、設定画面が起動しないので、fcitx の方を使用します。

2. インストール

 「Software Station」で「fcitx」を検索して、「ja-fcitx-anthy」「zh-fcitx-configtool」をインストールします。  下記のファイルを編集します。

~/.xprofile
 たぶん、あると思います。  なければ、作成して実行権限をつけます。  デフォルトは

#!/bin/sh
setxkbmap  -layout jp
 となっているはずで・・・。  下記のように変更します。

#!/bin/sh

export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=xim
export XMODIFIERS=@im=fcitx
fcitx -r -d

# set keymap
setxkbmap  -layout jp
 これで、ログインし直すと、半角/全角 もしくは Ctrl+Space で入力切り替えができるようになります。  ご注意  MATE の場合は、MATE 端末で、動作を確認できますが。  XFCE のデフォルトの端末は、入力切り替えの機能しないプログラムです。  「アクセサリ」の「Notes」あたりで確認します。
 
 
カウンタバックグラウンド