GhostBSD 10.3 - MATE - メールクライアント Thunderbird

 
1. 概要
2. 起動

1. 概要

 「Thunderbird」はデフォルトでインストールされているので日本語化するだけです。  「10.3 RELASE」では「i18n」がインストールされていますので「共通事項 - メールクライアント Thunderbird」の要領で日本語化できます。

2. 起動

 「アプリケーション」→「インターネット」→「Thunderbird」
「XFCE FreeBSD 11.2」-「アプリケーション」→「インターネット」→「Thunderbird」

 起動直後の状態です。

「XFCE FreeBSD 11.2」-「Thunderbird」「起動直後」

 
 
カウンタバックグラウンド