GhostBSD - 10.3 - 共通事項 - 日本語環境の設定

 
1. デフォルトフォントの状態
2. パッケージのインストール
3. 構成ファイルの設定

1. デフォルトフォントの状態

 インストール直後にログインして、アプリケーションを選ぼうとすると  MATE の方はこんな感じで
「GhostBSD - 10.3」-「日本語環境の設定」-「MATE」デフォルトのフォント

 XFCE の方がこんな感じです。

「GhostBSD - 10.3」-「日本語環境の設定」-「XFCE」デフォルトのフォント

 一応、日本語化されているのですが、フォントがどうもいびつな感じに見えてしまうのです。この感覚、やはり日本人でないとわかりにくいのかも・・・ですが。

2. パッケージのインストール

 日本語化するには、まずパッケージをインストールします。  「japanese/font-std」「japanese/scim-anthy」の2つをインストールします。  「OctoPkg」を起動して、インストール済のパッケージを更新後、  地球のようなアイコン(パッケージのサーバを示します)を押下して検索文字列入力域に「font-std」と入力して Enter
「GhostBSD - 10.3」-「日本語環境の設定」-「OctoPkg」検索

 表示された「ja-font-std」を右クリックして「Install」

「GhostBSD - 10.3」-「日本語環境の設定」-「OctoPkg」検索結果

 チェックマークのようなアイコン(Commit)をクリック

「GhostBSD - 10.3」-「日本語環境の設定」-「OctoPkg」Install

 「Yes」

「GhostBSD - 10.3」-「日本語環境の設定」-「OctoPkg」Confirmation

 root パスワード問い合わせのダイアログが表示されたら入力して「OK」

「GhostBSD - 10.3」-「日本語環境の設定」-「認証」

 無事インストールされました。

「GhostBSD - 10.3」-「日本語環境の設定」-「OctoPkg」パッケージインストール完了

「japanese/scim-anthy」も同様の方法でインストールします。

3. 構成ファイルの設定

 デフォルトで

~/.xprofile
 には

#!/bin/sh
setxkbmap -layout jp
 と記述されています。「setxkbmap -layout jp」の前に

# set locale
export LC_ALL=ja_JP.UTF-8
export LANGUAGE=ja_JP.UTF-8
export LANG=ja_JP.UTF-8
# set input method
export XMODIFIERS='@im=SCIM'
# execute scim as daemon
scim -d
#
 という記述を加えます。  ログインしなおすと  MATE の方はこんな感じで
「GhostBSD - 10.3」-「日本語環境の設定」-「MATE」更新後のフォント

 XFCE の方がこんな感じです。

「GhostBSD - 10.3」-「日本語環境の設定」-「XFCE」更新後のフォント

 どちらもわたしとしては、前よりもしっくりくるフォントになりました。

 
 
カウンタバックグラウンド