デスクトップ環境構築 - XFCE - トラブルシュート - キオスクモード(解決編?いやまだ未解決)

 
 再起動を繰り返すとまた元の現象が発生するのでまだ未解決なのだ。
1. 概要
2. /usr/local/etc/xdg/xfce4/kiosk/kioskrc
3. ユーザファイルの削除
4. 再起動後のログイン

1. 概要

 前ページの現象が、また発生するようになったので、更に調べてみました。  本項は下記のサイトを参考にさせていただきました。
Xfce 4 セッションマネージャ」
「The panel this running in kiosk mode, failed to start session Xfce! / Desktop / Xfce Forums
 どこが決め手か判明していないので、下記の作業はどこかに誤りがあるかもしれません。  ただし、下記の作業を順に進めていくことで解決しました。

2. /usr/local/etc/xdg/xfce4/kiosk/kioskrc

 たいていのサイトには

/etc/xdg/xfce4/kiosk/kioskrc
 と書いてありますが、これは Linuxでの話。  FreeBSD では

/usr/local/etc/xdg/xfce4/kiosk/kioskrc
 になるはずです。  ディレクトリを含め、上記のファイルを、ないものは作成して、以下のように記述します。

[xfce4-session]
CustomizeSplash=ALL
CustomizeChooser=ALL
CustomizeLogout=ALL
CustomizeCompatibility=%wheel
Shutdown=%wheel
CustomizeSecurity=NONE

[xfce4-panel]
CustomizePanel=ALL

3. ユーザファイルの削除

 以下の要領で、ユーザファイルをディレクトリごと削除します。

rm -R ~/.config/xfce4/xfconf/xfce-perchannel-xml
rm -R ~/.cache/sessions
 その後、システムを再起動します。

4. 再起動後のログイン

 再起動後のログイン時に、下記のダイアログが2回表示されますが
FreeBSD - デスクトップ - XFCE - トラブルシュート - パネルが消えてる

 どちらも「デフォルト設定を使用する」にします。

 これで、前ページからの現象は解決します。


 
 
カウンタバックグラウンド