XFCE - FreeBSD 11.3 RELEASE - タスクマネージャ conky

 
1. 概要
2. インストール
3. 設定
4. 自動起動
5. 表示

1. 概要

 「conky」は、Unix/Linux で動作する、タスクマネージャです。  詳細は、「Conky - Wikipedia」をご参照ください。

2. インストール

 「OctoPkg」で、「conky」を検索して、インストールします。

3. 設定

 デフォルトの設定では、conky を起動しても、デスクトップをクリックすると背景に上書きで消されてしまいますので、設定を変更します。

cp /usr/local/share/examples/conky/conky.conf ~/.conkyrc
 「~/.conkyrc」を編集します。

conky.config = {
    alignment = 'top_left',
    background = false,
    border_width = 1,
    cpu_avg_samples = 2,
 の部分を下記のように変更します。

conky.config = {
    alignment = 'top_right',
    background = true,
    double_buffer = true,
    border_width = 1,
    cpu_avg_samples = 2,
 さらに(上記の変更後なので、行番号が変わっていますのでご注意ください)

    own_window = true,
    own_window_class = 'Conky',
    own_window_type = 'desktop',
 の部分を下記のように変更します。

    own_window = true,
    own_window_class = 'Conky',
    own_window_type = 'override',

4. 自動起動

 ログイン時に、自動起動するように設定します。  起動のスクリプトを作成して、実行権限をつけます。

touch ~/autostart.sh
chmod +x ~/autostart.sh
 中身は以下のように記述します。

#!/bin/sh

sleep 10

conky -b &
 3行目、ログイン後、デスクトップの描画が完了するまでの時間です。  短いと、デスクトップの描画に上書きされて、表示が消えてしまいますので、じゅうぶんな時間をとります。  5行目、conky をバックグラウンドで動作させて、fork します。  次に、自動起動を設定します。  「スタート」→「設定」→「セッションと起動」
「XFCE FreeBSD 11.3」-「スタート」→「設定」→「セッションと起動」

 「自動開始アプリケーション」タブで
 「追加」

「XFCE FreeBSD 11.3」-「セッションと起動」

 「名前」に「conky」
 「コマンド」に「autostart.sh」をフルパスで・・・
 「OK」

「XFCE FreeBSD 11.3」-「アプリケーションの追加」

 「autostart.sh」は、パスのプリフィックスを「~」や「$HOME」にすると実行できませんのでフルパスで入力します。

 画面を閉じて、ログインし直します。

5. 表示

 再ログイン後、デスクトップ右に、conky の表示が現れます。
「XFCE FreeBSD 11.3」-「conky」表示


 
 
カウンタバックグラウンド