FreeBSD - デスクトップ環境構築 - XFCE - FreeBSD 12.0 - 基本操作 - 画面のキャプチャをとる

 
1. 概要
2. インストール
3. ショートカットキーの割り当て

1. 概要

 確か、XFCE にもネイティブな画面キャプチャのプログラムがあるはずですが、わたしにとっては使いにくかったので、MATE のプログラムを使います。

2. インストール

 Octopkg で「mate-」で検索して「mate-utils」をインストールします。

3. ショートカットキーの割り当て

 mate-screenshot にキーを割り当てます。  Print で全画面、Ctrl+Print でウィンドウのキャプチャをとるようにします。  (Alt+Print はうまくフックされないのです)  「アプリケーション」→「設定」→「キーボード」
XFCE - FreeBSD 12.0 - 「アプリケーション」→「設定」→「キーボード」

 「アプリケーションショートカットキー」タブで
 「追加」

XFCE - FreeBSD 12.0 - キーボード

 「コマンド」に「mate-screenshot」と入力して
 「OK」

XFCE - FreeBSD 12.0 - ショートカットのコマンド

Print を入力すると、割り当てが完了します。

XFCE - FreeBSD 12.0 - コマンドショートカット

 同じ要領で
 「コマンド」に「mate-screenshot -w」

 キー入力で Ctrl+Print を入力すると、意図通りにショートカットキーが割り当てられます。