XFCE - 共通事項 - MenuLibre

 
1. 概要
2. 起動
3. アイテム名編集
4. メニューへの組み込み

1. 概要

 前ページの「Whisker Menu」が、有効である場合、たいてい「MenuLibre」も有効になっています。  「MenuLibre」は、メニュー編集用のエディタです。  以下、「SparkyLinux 5.8」の画像を使用しています。

2. 起動

 メニューアイコンを右クリックして  「アプリケーションの編集」
「XFCE 共通事項」-「メニューアイコン右クリック」「アプリケーションの編集」

3. アイテム名編集

 例えば、「GIMP」あたりは、アイテム名が長いので編集します。
「XFCE 共通事項」-「スタート」→「グラフィックス」「デフォルト」

 「カテゴリ」「アイテム」を選択して
 アイテム名を編集し

「XFCE 共通事項」-「MenuLibre」「アイテム名編集」

 「保存」します。

「XFCE 共通事項」-「MenuLibre」「保存」

 「アイテム名」が変更されました。

「XFCE 共通事項」-「スタート」→「グラフィックス」「編集後」

4. メニューへの組み込み

 手動でインストールした、プログラムは、メニューには、組み込まれません。  「MenuLibre」を使用して。メニューへの組み込みを行います。  ここでは、「Eclipse」を例題として、「開発」のカテゴリへ組み込みます。  「MenuLibre」を起動。  カテゴリを選択して  「追加」(「+」アイコン)→「ランチャーを追加」
「XFCE 共通事項」-「MenuLibre」「ランチャーを追加」

 「アイテム名」「コマンド」等を入力します。

「XFCE 共通事項」-「MenuLibre」「新しいアイテム」

 必要な項目を入力したら
 「保存」して終了します。

「XFCE 共通事項」-「MenuLibre」「Eclipse」「保存」

 組み込まれました。

「XFCE 共通事項」-「スタート」→「開発」


 
 
カウンタバックグラウンド